自分を信じる力-夢をあきらめない6つの「信念」の磨き方

スポンサーリンク

自分を信じる力-夢をあきらめない6つの「信念」の磨き方

 

あなたは自分を信じることができますか?

おそらく多くの方が、自分を信じることができなかった経験があると思います。

もちろん僕もたくさん経験してきました。

 

では、なぜ自分を信じることができなかったのでしょうか?

今よりもっと信じる力を得るために自分に正直になって見つめてみたことはあるでしょうか。

 

夢をあきらめずに自分を信じて行動し続けるには、

最初は自分の夢の傾向について考えることが必要かもしれません。

 

なぜなら、

 

自分の夢がどの方向に向いているかと「信念」は深く関わるからです。

 

自分ができると信じることができれば、試験に合格する確率も上がるでしょう。

自分が成功できると信じることができれば、ビジネスを軌道に乗せることができるでしょう。

 

自分にとってその夢が到達可能なものとして見るか、

あるいは努力しても時間の無駄だと見るか、

それは「信念」が深く関わっていることに間違いありません。

 

夢の傾向と「信念」が同じ方向を向いているならば、

それは、自分を信じる力となって自分を制御し、周囲に影響をもたらすのです。

 

(前回は、人間関係ってめんどくさい-職場でラクになる為の5つの方法にて、

職場での人間関係がめんどくさいと感じてしまう理由はどこに意識がむいているのか?

そして、どういう考え方で行動すると良いのかをお伝えしました。)

 

 

1、自分の能力の捉え方

 

あなたは夢を叶えるためにどんな能力がありますか?

そして、その能力をどのように捉えているでしょうか?

 

自分の能力をどれだけ信じることができるは、夢の実現に大きく影響します。

夢を叶えたいと思っても自分の能力を信じることができなければ、

自分を信じる力が足りないので、それが実現することは困難となるでしょう。

 

そのためには、自分にはどんな能力があるのか?

 

自分自身をよく見つめて棚卸をしてみると良いと思います。

シンプルに紙に箇条書きしていくだけでも良いでしょう。

その中で、強く感じるものをピックアップして日常で意識します。

 

 

2、努力が報われるには方向性がある

 

ただやみくもに努力をしても意味はないことは、

あなたも十分に承知していることだと思います。

 

自分の夢と、信じている「信念」が同じ方向を向いているならば、

脳内の思いと現実との帳尻が合い、まるで運命であるかのように実現されるのです。

 

他人と比較して安心感を得ようとしてませんか?

才能がないからしょうがないと思っていませんか?

 

もし、自分と正直に向き合ってその傾向が強いと感じるならば、

その感じている感覚は、本当はどこに向くべきかを示唆するメッセージです。

そのメッセージをしっかりと受け止めることが自分を信じる力となります。

 

 

3、環境を整える

 

夢をあきらめないために大きな影響を及ぼすのが、自分の取り巻く環境です。

その影響力は潜在意識にも強く影響していきます。

 

使っている言葉、所有しているモノ、付き合っている人、見ている風景、

様々なものが心の奥までゆっくりと浸透して、未来の自分を創っていきます。

 

夢をあきらめないために、どんな環境が必要でしょうか?

 

良い環境を整えることが自分を信じる力となります。

 

 

4、どんな動機で行動しようとしているのか

 

よく最初は動機は何でも良いと聞きます。

 

しかし、

 

この動機も次第に「信念」に合致していかなくては、

最終的に夢を達成することは難しくなってしまうようです。

行動していると動機は自然と変化する傾向があるようです。

 

そして、

 

あるところでカチッときれいにハマって、不動の精神の如くになります。

そのためには行動し続けることが大切です。

継続して行動することが自分を信じる力となります。

 

 

5、自分を信じる力にはサイズがある

 

あなたの夢は大き過ぎてませんか?

あなたの夢はたくさんあり過ぎてませんか?

 

実際はどんなに大きくても、どんなにたくさんあっても良いと思います。

だけどいきなり1から100を目指すよりは、1から5を目指す方が動きやすいです。

 

なので、

 

1,2年先の夢、5年先の夢、10年先の夢と少しずつステップを踏む感じが良いと思います。

あまりにも夢が大き過ぎたら叶いそうにないと思いませんか?

自分を信じる力には、ある程度のサイズに調整する必要があります。

 

 

6、変化を受け入れる

 

夢の実現には、その旅先で様々な変化が訪れます。

変化を受け入れることができない。

これは未来の自分を信じることができないということではないでしょうか。

 

そして、

 

多くの人が、変化を受け入れることができず、

今の生活しかできないと考えて、元の生活に戻る傾向が強いのです。

 

自分を信じる力とは、未来の自分を信じて受け入れるということです。

 

それは自分に覚悟を決めるということ。

そのためには、普段の日常で覚悟を養うトレーニングをすると良いでしょう。

方法は、些細なもの事を直感で決めていく習慣をつけることです。

 

考えるのをやめて、感性に従うことが自分を信じる力となります。

 

 

成長することが自分を信じる力となる

 

自分を成長させることが、自分を信じる一番の力だと思います。

ですが、いろんな感情を感じることがあるでしょう。

 

「今日はめんどくさいなぁ・・・」

「いや、自分を励まして頑張る!」

「誤解されたらどうしよう・・・」

 

感情が下に下がり過ぎたり、上に上がり過ぎたりと、

自分を信じるにも、自分に振り回されてしまうこともあります。

 

また、どんな人と付き合うかなどの人から良い影響をもらうことも大切ですね。

他者から伝染する影響はとても強く、それもまた自分を信じる力となります。

 

あなたの信念がしっかりと定まることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ