上手なお金の使い方・付き合い方6つ

スポンサーリンク

上手なお金の使い方・付き合い方6つ

 

お金の使い方・付き合い方にお悩みではありませんか?

自分の欲を抑えて上手なお金の使い方ができるのはむずかしいですね。

ムダ使いだと分かっていても毎日のこととなると、

必ずどこかで心の隙ができて節約することができなくなるのかもしれません。

 

お金との付き合い方が人生に大きく影響することは言うまでもないと思います。

ですが、

僕たちはお金が足りなくて普段から欲しい欲しいと思いつつも、

心のどこかでお金のことを語り合うのは卑しいとか、

お金という存在とは何だか縁がないなど思ってしまうようです。

 

あなたも思い当たるふしがありませんか?

 

心のどこかでお金にたいしてネガティブなイメージを持っていると、

無意識に自らお金を遠ざけてしまうようです。

そんな体質を改善するためにも、

まず、お金という存在を理解することが必要です。

今回は、上手なお金の使い方ができるようになるために、

基本的なことをお伝えしたいと思います。

 

 

1、心を磨くために使う

 

心を磨くために使うとはどういうことかと言うと、

自分の成長させるために自己投資するということです。

 

お金を通して自分の心を磨くのです。

これが上手なお金の使い方の最も基本的な考え方となるようです。

 

 

2、お金の使い方は3つ

 

お金の使い方には以下の3つがあります。

 

・生活必需品や公的な支払などに使う「消費」。

・見栄やエゴで身の丈以上の買い物をする「浪費」。

・将来に何倍にもなって返ってくる「投資」。

 

大事なことは、

使ってもなくならない財産に変えるためにお金の使うことです。

つまり「投資」にしっかりとお金を使うことです。

そのためには、見栄やエゴで他人に良く見られたいなどの使い方を

しっかりと抑える忍耐力が必要となります。

 

 

3、お金の使い方はアンバランスに

 

人生を生きるにはバランスを考えることは重要なのかもしれません。

しかし、

上手なお金の使い方をしようと思えば、

「浪費」を抑えて、「投資」にしっかりと使っていくようにするので、

アンバランスな使い方になると言えます。

 

しかも、

投資と言っても株などの投資とは違います。

自分にたいする投資です。

これを「自己投資」といいます。

 

 

4、夢を実現するシンプルなコツ

 

あなたは人生でどんな夢を叶えたいですか?

人生で夢を実現するコツはシンプルなようです。

 

それは、

好きなことにたくさんお金を使っていくことです。

お金を一番使っているところには、

あなたの才能も眠っている可能性が大きいようです。

なぜならば、大切なお金を支払ってでもしたいと思うことだからです。

スポンサーリンク

 

そして、

好きなことをして自分が強い価値観を感じることに時間を使うことも大切です。

強い価値観を感じる場所には感動がたくさんあります。

辛くてもあきらめずに前向きに捉え、楽しいことや嬉しいことなどは

よりリアルに感じられると思います。

 

 

5、投資だけでなく身近な人にも使う

 

上手なお金の使い方は投資だけではないようです。

それは、

家族や友人や恋人といった身近な人へ使うことも大切と言えます。

なぜならば、

気持ちが伝わりやすいからです。

このように伝えるべき人にしっかりと行動することができると、

その気持ちは必ず本人のところに戻ってくるようです。

 

身近な人にたいしては、

もちろんお金の使い方もそうですが、

それ以外に相手が本音では何を求めているのか?

というところに意識を向けて合わせてあげることも大切かもしれません。

 

あなたは自分が話したいことやしたいことばかり考えてませんか?

 

一緒にいるときに、

よ~く観察してみると表情に違いがあったり、

雰囲気で何か違和感のようなものを感じたりするかもしれません。

何かを察したときは、

あなたから素直にどうしたいのか尋ねてみても良いのかもしれません。

お金、時間、気持ちの共有など、

できることは意外とたくさんあるのかもしれません。

 

 

6、金銭感覚の磨き方

 

上手なお金の使い方、付き合い方の最も手っ取り早い方法は、

実際のお金を使うということのようです。

実際に財布からお金を取り出して「痛み」を感じながら支払うことで、

今の自分のお金にたいする感じ方・考え方が見えてくるようです。

 

お金との付き合い方がうまくいかないとき、

 

お金 = 痛み

 

と、なっているかもしれません。

 

そして、

実際に支払うという感覚を感じながら、

感謝の言葉を伝えたり、会釈をしたり、少し笑顔になってみることで、

脳内にお金を使うことは快楽に繋がると指令を送ることができるようです。

そうなると、

 

お金を使う = 快楽

 

と、認識するようになり、

脳内ではお金を使い続けることで体内に良いホルモンが分泌され、

お金の出口をもっとたくさん感じるために、

お金の入口をもっとたくさん広げようと無意識に働きだすようです。

 

 

まとめ

 

1、心を磨くために使う

2、お金の使い方は3つ

3、お金の使い方はアンバランスに

4、夢を実現するシンプルなコツ

5、投資だけでなく身近な人にも使う

6、金銭感覚の磨き方

 

いかがでしたでしょうか。

いつまでもお金のことにくよくよしたくありませんね。

お金に翻弄されてしまう人とは、

お金のことについて知識がないと言えるかもしれません。

 

ですが、

そこでしっかりと知識を身に付けて実践しさえすれば、

どんな人であってもしっかりと管理することができると思います。

 

僕もこれまでお金に使われて翻弄されっぱなしの人生でしたが、

お金について学ぶようになり、

実際に行動することで小さな経験を積み重ねて、

今さらながらに自分の恥ずかしさに気づかされたりしながらも、

少しずつ理想の自分に軌道修正されているように感じています。

あなたがより人生を楽しめるようになることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ