一人暮らしの散らかった部屋の片付けを楽にする3つの基本

スポンサーリンク

一人暮らしの散らかった部屋の片付けを楽にする3つの基本

 

一人暮らしだと片付けができないことありませんか?

誰からも何も言われないので面倒なことを後回しにしがちです。

だけど、それでも何とか部屋をきれいにしたいですね。

 

部屋が散らかっていると、

モノをすぐに無くしてしまったり、

探しモノが見つからずに苦労すること多いです。

出かけた先で必要なモノを忘れてきてしまったり、

部屋を出るときに気が重かったりします。

 

それらを解消するには片付けることが必要です。

 

しかし一人暮らしだと面倒なことは後回しにしがちです。

なぜなら誰からも強制されることもありませんし、

一人なので気を使う必要もないからです。

 

だけどその油断の積み重ねが生き方にも影響されます。

自分が本当はどんなことをして生きていきたいのか、

一生懸命に考えるけど答えが見つからないと思いませんか?

部屋を片づ方を知ることで頭を整理することにも役立つのです。

 

(前回は、年末の大掃除のコツ-片付けられない1人暮らしの解決策にて、

一人暮らしの狭い部屋での年末の大掃除のコツをお伝えしました。)

 

 

なぜ部屋が散らかってしまうのか?

 

片付けられない人には共通する特徴があります。

それは主に以下の3つがあります。

 

  1. モノを捨てることができない
  2. モノを本当に必要でもないのに買ってしまう
  3. モノを買うときに限定・お得・格安に弱い

 

いかがでしょうか、

あなたにも当てはまるところがありませんか?

そしてこのような習慣が生活の中に定着してしまっているので、

いざ自分を変えようと思うと億劫になってしまうのです。

 

一度は片付けたけど、

日にちが経つとまた元の部屋の状態に戻るパターンがそれです。

つまり散らかった部屋になる習慣になってしまっているので、

それはすっきりと片付いた部屋になる習慣に変えれば良いのです。

 

 

部屋を簡単に片付ける3つの基本

 

なかなか部屋を片付けることができない、

また行動するまでに面倒臭いと感じてしまう人は、

最初から全部をやってしまおうと考えるからです。

そうなると「よし、やろう!」と気合いを入れなければいけません。

 

ここで紹介する部屋を簡単に片付ける3つの基本は、

あなたの”気になること”がポイントとなります。

それは気になったら行動に移していくという意識です。

なぜなら片付けてもまた散らかってしまうのは、

 

一度片付けたらそこでお終いになってしまうからです。

 

つまり完了させてしまうことで気が緩んでしまうのです。

気がついたら常に意識して行動に移す習慣が大切です。

 

 

基本その1.不要なモノは捨てるかリサイクルで売る

 

捨てるときは思い切って捨てることが大切です。

捨てられないのは勿体ないとか思い入れがあるとか、

モノにたいして感情的になってしまうからです。

 

それでも捨てられないのならリサイクルで売る方法もあります。

いつまでも使わずに置いておくより誰か必要な人の手に渡る方が、

モノにとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

 

 

基本その2.欲しいモノは1週間待ってから決める

 

モノが増える原因はモノを買い入れることです。

なぜなら貰いモノで部屋が散らかることはないからです。

あなたは欲しいと思ったらすぐに買っていないでしょうか。

 

衝動的に欲しくなってしまったら、

そこで一旦、止めておいて1週間待ってみましょう。

それでも欲しいと思えば買うなどの自分にルールをつくります。

そうすることで部屋にモノが増えないどころか、

節約することもできてしまうのです。

 

 

基本その3.床と机の上にはモノを置かない

 

非常にシンプルなことですが、

だけど油断するとついモノを置きたくなってしまう。

それが床の上と机の上なのです。

 

とにかく気がついたら意識して片付けましょう。

とにかく床と机の上にはモノがない状態をキープします。

使用している以外のときは何もない状態にすることです。

 

 

収納は増やすのではなく減らしていく

 

ここで片付けというと、

捨てることの他に収納の仕方もテーマになってきます。

一人暮らしの部屋は狭いので収納はむずかしいかもしれません。

ですが基本は、収納スペースを増やすよりモノを減らすことです。

 

  1. 必要な分だけ
  2. 決まった場所に

 

この2つのポイントを意識しましょう。

モノの量に合わせて収納スペースを増やすというのは、

 

自分よりもモノが優先の部屋となってしまいます。

 

それでは誰のための部屋なのか分かりません。

モノのための部屋になってしまうから気分が重くなるのです。

片付けて捨てるからこそ自分のための部屋となるのです。

 

どちらがすっきりした気持ちになるかは簡単ですね?

大切なのはあなたがその部屋にいることでどんな気分になりたいかです。

 

 

部屋をすっきりと片付けて人生をリセット

 

人生でやりたいことが見つからない・・・

なんのために生きているのか分からない・・・

 

その答えは考えても考えても答えはなかなか出てきません。

なぜなら頭で考えるから分からなくなるのです。

仲の良い友達と遊ぶときや趣味に没頭してるときは楽しいですね。

このように考えることではなく感じることに答えはあります。

 

部屋は心の写し鏡と言われています。

部屋の状態が自分の性格を現していると言われます。

あなたの部屋が片付いて好きなモノに囲まれたらどんな気持ちになれますか?

そこで味わう気持ちから人生の目的も見つかるかもしれません。

 

一人暮らしをもっと楽しめることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ