クローゼットを整理する7つの方法-シンプルすっきり片付け術

スポンサーリンク

クローゼットを整理する7つの方法-シンプルすっきり片付け術

 

部屋を片付けられない人で、

特にクローゼットを整理することで悩んでませんか?

きれいに整理整頓したいけど、最後までできなくて悩みますね。

 

実は、クローゼットの中をきれいに収納したいと思う前に、

 

はじめに考えるべき大切なことは、

 

クローゼットの中を整理することなのです。

 

整理とは、いらない物を処分することです。

つまり、まず不要な物を捨てることからはじめる必要があるのです。

 

そして、

 

なぜクローゼットがごちゃごちゃになってしまうか分かりますか?

 

それは、

 

  • 服が増えたとき
  • 収納場所に戻すとき

 

主にこの2つが原因です。

たとえきれいに整理整頓したとしても、

時間とともに、ごちゃごちゃしてきませんか?

 

今回は、クローゼットをシンプルにすっきりさせる方法を紹介します。

 

(前回は、片付けたくなる5つの言葉-そもそも片付けの意味とは何だろう?にて、

部屋を片付けることができない人は、片付けることへの意味を持っていないからで、

自分なりに片付ける意味を見出すための5つの言葉を紹介しました。)

 

 

1、部分的に区切る

 

クローゼットの各パートごとに部分的に区切ります。

たとえば、ハンガーに掛かった服、一番目の引き出し、小物を入れたケースなど、

まずは一気にやろうとせず、部分ごとに区切って行うことが大切です。

 

その中で、一番とりかかりやすいところからはじめましょう。

 

行動の一番さいしょは、あまり考える必要のないことからはじめることがコツです。

いきなり頭に汗をかいてしまうようのことからはじめると、最後までできないからです。

 

 

2、中身を一度出す

 

それぞれ各パートごとに分けたら、

簡単そうなところからとり出して、中身をすべて一度出します。

整理整頓ができない人の多くは、

 

この中身を一度出すというところが抜けていることがあります。

 

なので、

 

面倒でもこの一手間を加えることが、

クローゼットを片付けやすくするコツと言えます。

 

 

3、いらない物を整理する

 

必要な物といらない物を整理していきます。

整理すること、捨てることが、シンプルですっきりさせるコツです。

部屋を片付けられない人は、

 

やはり、今持っている物を捨てらないという「迷い」が原因です。

 

よほど気持ちが入っている物は案外少なく、

ほとんどの物は捨ててしまっても意外と大丈夫です。

 

捨てるときは、あまりむずかしく考えず、

 

  • 1年以上使っていない物
  • 1年のうち、使用回数が少ない物
  • よく使う物

 

で分けて、1年以上使っていない物を捨てましょう。

 

 

4、一時保管箱の活用

 

片付けられない人が一番時間がかかってしまうのが、

いらない物を捨てられなくて迷っている間ではないでしょうか。

 

「気がついたら、もう夕方に・・・」

 

あなたもこんな経験はありませんか?

迷ってどうしても答えが出せないなら、一時保管箱へ入れましょう。

ここはできるだけリズム良く行っていけるとスムーズにいきます。

 

 

5、必要な物を納める

 

整理ができたら、次は整頓です。

つまり必要な場所に納めることをやっていきます。

 

ここでは、

 

よく使う物を手前に入れるなど工夫をしていきましょう。

 

そして、

 

収納するときは7割程度にします。

これは、取り出しやすさを意識した割合です。

 

もし、取り出して納めるのが難しかったらいかがでしょう。

きっと面倒になって元の場所に納めなくなる確率が増えます。

 

納めるときは、取り出して納めるときのことを考えるようにしましょう。

 

 

6、全体を上・中・下に分けて収納

 

クローゼットの中には、上段、中段、下段と大体分かれていると思います。

引き出しやケースなど、使用頻度に応じて納めるとお伝えしたように、

クローゼット全体も使用頻度に応じて納める場所を工夫します。

 

  • ほとんど使用しない物は上段
  • 使用頻度が少ない物は下段
  • よく使う物は中段

 

このようにクローゼットを機能的にすることで、

いつまでも快適な空間を維持することができるようになります。

 

 

7、お洒落に演出する

 

クローゼットにも気を使ってお洒落感を出すと、

よりシンプルですっきりした状態を維持する気持ちになれます。

 

間接照明を付けてみたり、

ブティック風なたたみ方で見せ収納にしてみたり、

あなたの好きなように楽しんでみてはいかがでしょう?

 

僕は、白いテーブルを置いて靴を箱に入れて無造作に置いています。

その下に、香水やメガネだけを置いてスペースを遊ばせています。

 

 

遊び心を取り入れる楽しみ

 

いかがでしたでしょうか。

できるだけシンプルにまとめてみました。

片付けられない人は、

 

  • 捨てることができない
  • 納めた場所に戻すのが面倒になる

 

この2つを乗り越えることができれば、

 

シンプルライフのようなすっきりして居心地の良い空間を創れます。

 

あなたの好きで囲まれた空間になれば、どれだけ満たされた気持ちになれますか?

 

すっきりと片付けられることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ