シンプルな生き方-捨てる意味と中心に据えるライフスタイル

スポンサーリンク

シンプルな生き方-捨てる意味と中心に据えるライフスタイル

 

頭がムシャクシャしてしまうことってありませんか?

やらなければいけないことがたくさんあると混乱してしまいますね。

他には、うまくいっていたことが急に調子が悪くなってしまったとき、

焦って手を施そうとすると余計に状態が悪くなってしまいますね。

このように気持ちが集中できず焦ってしまう状況で、

大切にして欲しいことがあります。

 

これまで行ってきたことを淡々とこなす。

 

僕は、今年に入ってビジネスをしています。

会社以外の収入が毎月入ります。

ときにうまくいかないときもあります。

ときに苦しいときもあります。

 

良いときと悪いときが交互に訪れて、

そんな経験をする中で理解できたことがあります。

 

慣れてしまうと冷静に考えることができる

 

苦しい経験も慣れてしまえば冷静に考えることができます。

これは慣れて経験を積まないと養うことができないことです。

また焦ったり、余計に苦しいと感じる場合

どこかで初心を忘れているのかもしれません。

 

そんなとき、

一体何に囚われているのか?

大切な価値観とは何だったのか?

もう一度、再確認することが大切かもしれません。

 

1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ。

人格形成に大きな影響を与える出来事だった。

スティーブ・ジョブズ

 

(前回の記事、シンプルライフ!スッキリ片付いた部屋を維持する仕組みづくり

 

 

正解は無限にある

 

考え方は人によって様々です。

同じ状況でも感じ方や捉え方には違いがあり、

誰一人として100%一致することはまずあり得ません。

執着していることがあると、心が重たく感じてしまいます。

失わないために一生懸命考えなければいけなくなるからです。

 

シンプルな生き方とは、心の重みをなるべく取り除くことです。

 

よく執着心を手放すとありますが、

執着心そのものを手放すことにフォーカスするのではなく、

心を軽くしてすっきりした生き方をするために

執着心を手放すのです。

 

そのために答えは数学のようにひとつではなく、

人生の問題を解決する答えは無限にあります。

あなたにとってシンプルに生きる意味はなんですか?

 

 

シンプルな生き方とは

 

シンプルと聞いてどのようなイメージがあるでしょうか?

シンプルとはただ捨てることや減らすことではありません。

 

自分の人生で優先順位が高いものを優先にする

 

というのがシンプルな生き方です。

ですが、僕たちは優先順位が何なのか?

すぐには答えは出てきません。

 

それには、手順があるのです。

それがまず不要なものを捨てるということです。

これまで人生で知らず知らずのうちに「何か」に執着しています。

その「何か」の正体をまず明確にすることです。

そして手放していきます。

そうすると優先順位の高いものを中心にした生き方ができます。

 

 

シンプルとは自分の本質

 

シンプルにすればするほど心の飾りはなくなります。

それが素の状態の自分です。

ですが、僕たちはその素の状態の自分を表現することを恐れます。

なぜなら傷付きやすいからです。

だから人生で重たい鎧を身にまとって自分を守ります。

そのときに効く魔法の言葉があります。

 

それは、

「傷ついてもいいや」

 

シンプルですがとても意味のある言葉です。

傷付くことへの執着を手放すにはとても効果的です。

変にカッコつける必要もなくなります。

本来の素直な自分を出すことができます。

 

鎧を脱ぎ捨てることは怖いことではありません。

かえって身軽になってラクになれるのです。

そこに気づいたとき、

自分の好きと感じる人との信頼関係をつくることが楽しくなります。

 

 

まとめ

 

シンプルな生き方とは他人の価値観に依存せず、

自分の本質に素直になって生きることです。

 

心の豊かさとはどんな豊かさなのでしょう?

 

欲しいものを手に入れるところに豊かさはありません。

それはただの浪費となって今後の生活に響いてしまうでしょう。

見栄を張ったり、他人を責めて優越感に浸ることではありません。

それはやがて自分の元へとかえってきて苦しむことになるでしょう。

 

上記のような後々の重みとなりそうな欲や執着を捨てさり、

本当はどんな感情を感じることが一番幸せなのか。

 

そこを知って素直に歩みよることが心の豊かさだと思います。

良いシンプルライフが送れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ