物事をシンプルに考える-幸せを求めて不幸せにならないために

スポンサーリンク

物事をシンプルに考える-幸せを求めて不幸せにならないために

 

人生はもっと物事をシンプルに考えると楽になれると思いませんか?

あなたの人生の目的は何でしょうか。

誰でも一度は考えたことのある難しい問題ですね。

 

人生の目的は成功するためにある。

 

いかがでしょうか。

それらしい目的かもしれませんが、

でも、成功を求めて努力していくたびに、

キツい壁にぶち当たっているばかりでは、

日々幸せに暮らしていくことは難しいのかもしれません。

 

成功しても苦しみは減るわけではないようです。

 

それどろこか、

成功することでより苦しい思いをすることだって考えられます。

たとえ純粋な気持ちで何かに打ち込んでいたとしても、

苦しい思いをするときはどうしてもあるようなのです。

 

「ならいっそ成功しない方が良いんじゃない?」

 

そんな気持ちにもなってしまいそうですね。

ですが成功しても幸せかんじることができないときは、

何かを見落としていると考えることもできます。

それは成功する以前の状態から考えてみると良いかもしれません。

それには物事をシンプルに考えることが大切なようです。

(前回の記事、断捨離で後悔したあなたへ-失敗のほとんどは「自爆」だった!?

 

 

作用と反作用の法則と人生の関係

 

作用・反作用の法則を聞いたことはありませんか?

シンプルに、

押すと押し返される。

引っ張ると引っ張り返される。

という反対の力が働くことを言います。

 

たとえば、

あなたが壁を手で押すと壁からも押し返す力が働いているのです。

目では見えないものですが、

必ず力には対になって作用する働きがあるようです。

 

 

「与えよ、さらば与えられん」と人生の関係

 

このシンプルな法則によって、

人生は、

 

自分が望んでいるものを先に自分から与えていくことによって、

自分が望んでいるものをはじめて手にすることができるのかもしれません。

 

壁を押せば押し返されるのです。

与えれば与え返されるというここでもシンプルな法則が成り立つようです。

 

 

自分の利益を求めると利益を求められる

 

僕たちはどうしても自分の利益を求めてしまう心が存在します。

なぜかと言うと、

誰でも自分のことを大切にしたいと思う気持ちがあるからです。

 

それ自体はとても健全な思考なのですが、

それが行き過ぎてしまうと、

他人の迷惑を顧みず、

または他人を苦しめてでも、

自分の利益を優先させてしまうことがあるようです。

 

そうなると、

作用・反作用の法則に則り、

いずれ「ツケ」は自分に返ってくるのかもしれません。

 

 

無条件の愛を与える

 

僕たちはどうしても自分が可愛く思ってしまうところがあるのですが、

その気持ちと冷静に向き合い、

自分のできるところから無条件の愛を与える姿勢を行動に移すことで、

 

幸せを感じながら生きることができるのかもしれません。

 

それには自分から「与える」とうい姿勢が大切なようです。

自分から与え続ける姿勢を持ち続けるには、

自分を信じ続ける姿勢が問われるのかもしれません。

ではどうすれば自分を信じ続けることができるのでしょうか。

 

 

正負の法則と人生の関係

 

人生を幸せにいきるには、

バランスを保つことが大切なようです。

人生のバランスとは、

 

マイナスに触れたらどのような自分でいることが大切なのか。

プラスに触れたらどのような自分でいることが大切なのか。

 

このことを考える必要があります。

嬉しいときは「嬉しい」という気持ちでいっぱいだと、

プラスに偏り過ぎているのかもしれません。

悲しいときは「悲しい」という気持ちでいっぱいだと、

マイナスに偏り過ぎているのかもしれません。

 

とちらもバランスを保って調和に生きれると良いですね。

 

これが心を「自由」にしてくれて、

幸せを感じながら日々を過ごす秘訣だと思います。

 

「嬉しいときは身を引き締め、悲しいときは自分を褒めろ!」

 

シンプルライフの考え方のように、

不要な思考は捨ててシンプルにこのことに集中することが大切です。

実は大抵のことは余計なことを考える必要はないのかもしれません。

 

 

物事をシンプルに考える

 

人生の秘訣は物事をシンプルに考えることができるかどうかかもしれません。

僕たちは見栄で単純なことを複雑に伝えようとしたり、

単純なことなのに複雑に考えて自ら深い沼にハマってしまうことがあります。

 

そんなとき、

一度立ち止まって今の自分を見つめてみてはいかがでしょうか。

あなたの幸せが実現できることを心より祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ