シンプルライフ-綺麗な部屋を維持する・片付いた部屋を保つには?

スポンサーリンク

シンプルライフ-綺麗な部屋を維持する・片付いた部屋を保つには?

せっかく綺麗に片づけても最初の状態を維持することが難しくないですか?

とりあえず床に物を置くとそのまま置きっぱなしに。

デスクの上に書類を置いたままにしておくとごちゃごちゃしてきた。

綺麗に整理したクローゼットもいつの間にか乱雑に。

僕たちの持てるものには限りがあるのかもしれません。

そして、

増えていくほど物に対する愛着が薄れていくように思います。

たとえば、

散らかった状態の部屋の中にお気に入りの物があるのと、

何もない状態の中にお気に入りの物があるのとでは、

とちらが丁寧に扱われるでしょうか。

答えは簡単ですね。

つまりそれだけ人は無意識に周囲の環境に支配されているのではないかと思います。

すっきり心の整った気持ちの良い精神状態を保つには、

意識的に身の回りの整理整頓をすることが必要です。

そして、

シンプルライフには綺麗な部屋を維持するための考え方があります。

それは、

 

「ひとつ入れたらひとつ出す」

 

という発想です。

これを意識して守り続けることで90%は片付いた状態を維持できると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

(前回の記事、片付けたくなる部屋づくり-リビングのシンプル生活8つのコツ)

 

 

ひとつ買ったらひとつ捨てる

欲しい服がみつかって、

どうしても欲しいときは無理に自分を抑える必要はないかもしれませんが、

もし購入するのであれば、

その代わり何を家の中から出すのか?

このことをまず考えてから購入すると良いでしょう。

そして家の中から出す物は、

新しい洋服を部屋に入れるのなら、いらない洋服を選んで出す。

新しい本を部屋に入れるのなら、いらない本を選んでだす。

新しい食器を部屋に入れるのなら、いらない食器を選んでだす。

これを守って欲しいと思います。

シンプルライフのルールです。

 

 

ひとつのことを始めたらひとつ終える

よくToDoリストにたくさん書き込んである人がいます。

どんどんやるべきことを増やして、

どんどん行動していくことはとても素晴らしいですね。

そして、

もっと必要なことにのみ集中すると良いかもしれません。

実はいろんなことを分散してこなしていくよりも、

ひとつのことに集中して行っていく方が、

成果が出やすいです。

とにかくいろんなことがしたくて頭にたくさんのことが浮かんでくるかもしれません。

ですが、

あなたにとって何が一番必要なことなのか。

それだけに集中して、

ひとつ始めたら、今行っていることの中から何を捨てるのかを考えると良いです。

そうすることで段々と必要なことにのみ厳選して集中できるようになります。

 

 

メモリが足らなくなる

行動には一貫性を持たせることが大切です。

あなたは1日のやるべきことをただこなしているだけになっていませんか?

それは何のために行っているのでしょうか。

人が一度にこなせるのはひとつのことだけのようです。

いろんなことを分散して行うことは、

脳のメモリを無駄遣いしているようなものです。

なぜならば、

意識が分散するからです。

 

「今日は誰々にあって、

それからどこどこの何々をして、

帰ったら○○をして、

それから読書をして、

日記を付けて…」

 

このようにひとつひとつのことに一貫性がなく、

ただこなしているだけ。

もっともっとアメーバ状のように関連することにのみ絞って行うことが大切です。

そうするとAというジャンルのみに意識を集中することができるので、

脳の巡りもスムーズに。

物事も銃所よく効率的に考えれるようになるようです。

 

 

インプットしたらアウトプット

世の中の人は圧倒的にインプットが多いと言われています。

理想的な比率は、

インプット = 2

アウトプット = 8

もっと言えば、

インプット = 1

アウトプット = 9

このくらいアウトプットに力を注ぐことが大切と言われています。

なぜアウトプットが必要なのかと言うと、

一度入れたものは5感を通して外へと表現した方が身に着くからです。

仕事でも教えてもらうだけよりも、

仕事の手順を実際に行ってみる方がより落とし込めませんか?

スポーツ上達の方程式は、

 

「ただ反復あるのみ」

 

このように言われています。

それだけアウトプットが重要なのです。

なので、

読書をすれば、何を行動に移すのか。

セミナーで学んだら、何を行動に移すのか。

手に入れた情報はどのように行動に移すのか。

頂いたものは誰にどのように還元していくのか。

このようにひとつインプットしたらひとつアウトプットすることが大切です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

綺麗な部屋を保つためのコツは、

 

「ひとつ入れたらひとつ出す」

 

この考え方が基本だと思います。

快適で居心地のよいシンプルライフを送るための維持の仕方です。

それは部屋の中だけでなく生き方そのものに強く影響する考え方だと思います。

これを自分のルールとして日常の中で習慣化することができると、

あなたにとって必要なことも自然と見極めることができるようになり、

本当に必要なことにのみに決めて行う判断力が身に着くと思います。

まずは部屋の中から行ってみてはいかがでしょうか。

あなたがシンプルライフで快適な生活が送れることを心より祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ