本当の友達ってなんだろう?非常にシンプルにお答えします

スポンサーリンク

本当の友達ってなんだろう?非常にシンプルにお答えします

 

本当の友達ってなんだと思いますか?

これも答えるのに複雑に感じてしまう内容ですね。

友情なんて本当は非常にシンプルです。

 

本当の友達とはいつでも連絡してすぐ会える関係です。

 

A「もしもし、なにしょうるん?」

B「特になんもしてないよ」

A「ほんじゃ遊ばん?」

B「ええよ、じゃあどこで会う?」

 

そんなシンプルなものではないでしょうか。

ぼく達が幼いころは友達をつくるのに理屈なんて関係ありませんでした。

ただ楽しいから、ただ遊びたいから、ただ一緒にいたいから・・・

非常にシンプルでそんなものです。

 

だけど大人になると友達ってできないものですね。

なぜなら複雑に考えてしまうからです。

つまり理屈でもの事を考える習慣が身についているのです。

あなたは今の人間関係に少し無理しているところはありませんか?

今回は、本当の友達ってなにかを通して人間関係を考えてみたいと思います。

 

(前回は、本音と建前を使い分けて自分らしく楽に生きるちょっとしたコツにて、

いつの間にか人間関係に息苦しくなっているときは建前で生きていることが多いので、

本音と建前をうまく使い分けていきるちょっとしたコツをお伝えしました。)

 

 

付加価値を付けないと付き合ってくれないヤツはいらない

 

僕はよく友達と会うときに車で迎えに行ってました。

それはそうしなければ自分と会ってくれないと思っていたからです。

そして過去に実際にそうなってしまうキッカケがありました。

 

自分「こっちまで自力で来れんのん?」

友達「無理じゃね、やめとこうか」

自分「ほんじゃ迎えに行けばいいんか?」

友達「それなら大丈夫よ!」

 

こんな些細なやりとりがキッカケでやがて大きな溝になっていくんですね。

そこから迎え行くという送迎スタイルが当りまえになっていきました。

面白いことにそうなると、そういう友達しかできなくなるんです。

 

そこから段々と我慢の限界が近づき、ついに僕はキレてしまいました。

そこからは付加価値を付けないと付き合わないヤツとは、

 

一切の付き合いを根絶しました。

 

付加価値をつけなくても関わってくれるのが本当の友達だと思います。

不思議なことにそれでも会ってくれる友達は感謝の気持ちが湧いてくるんです。

結局は原因は自分の中にあったということ気づかされました。

 

 

本当の友達とは存在そのものを受け入れてくれる

 

本当の友達とは付加価値をつけなくても会ってくれます。

 

  • 一緒にいると面白いから
  • その人と会話をしたいから
  • 会話をするとホッとさせてくれる
  • やっぱり話ができてよかった
  • 今日は話ができてよかったな

 

こんな感情的なものではないでしょうか。

理屈ではなく気持ちで感じるものだと思います。

僕はその中で今まで感じてきたことに、

 

「わがままに振る舞ってきたのによくこんな自分と関わってくれるなぁ」

 

そんな風に思うことがあります。

結構、傍若無人にわがままに振る舞ってきたのに、

それでも会おうとしてくれるのには不思議に思えます。

 

それが存在そのものを受け入れてくれているからです。

 

たとえばカップルのやりとりをみて、

「大丈夫か!?」と思えるやりとりを見かけるのですが、

本人同士はそれでコミュニケーションが成立していたりします。

お互いに存在そのものを受け入れているから成立するんだと思います。

 

 

人の出会いは便器だ!

 

これはある友人が語っていて、

そこから僕の頭の中で離れなくなってしまったのですが、

 

人の出会いは隕石が地球の便器に落下するくらいの奇跡らしいです。

 

つまり初めて知り合った人たちは、みな便器なのです。

子供のころにワイワイ遊んだ友達も便器なら、

結婚してソファでだらしなく寝ている旦那との出会いも便器で、

居酒屋で気になった可愛い子に話しかけるのも便器なのです。

 

全部、便器。世の中、便器。

 

あくまでも友人の言葉です。

それはさておいて、そんな奇跡の出会いから、

友達として付き合い続けられる人はもっと少ないですね。

便器どころか酒を注ぐおちょこぐらいではないでしょうか。

 

つまり出会いが便器なら、本当の友達はおちょこということです。

 

要はそれだけ奇跡なことなのかもしれません。

そう思うと出会いや友達の存在はありがたく感じないでしょうか。

 

 

面白いと感じればその人と付き合えばいい

 

結局のところ、

面白いと感じた人と付き合えばいいのではないでしょうか。

面白いと感じるにもいろんな感じ方があると思います。

 

だけど理屈抜きにして、その人そのものを面白いと感じるかどうか。

 

そうした人との付き合いとは、

いつまでも自分の記憶に残り続けるのだろうと思います。

冒頭の本当の友達とはいつでも連絡してすぐ会える関係とは、

 

自分の記憶の中にずっと残り続ける存在のことです。

そしてその人に会いたいと思えること。

 

記憶に残り続けても会いたくない人っていますね。

僕もどちらかと言うとそっちの方が多いです。

それは生き方も違えば価値観も違うので当然のことです。

自分とは違うからこそ”そういうもの”だと思えば見方も変わるのかもしれません。

 

常に考え方も感じ方も一緒じゃないといけない、

自分とは違う人間を嫌っても結局自分が苦しいだけです。

そもそも価値観が近いか遠いかの違いでしかないのです。

 

だったらむずかしく考えず、ただ面白いと思った人と付き合えばいい。

 

本当の友達とはそんなものではないかと思います。

本当の友達との間にある「友情」について知りたくありませんか?

友情は見返りを求めない-「与える」という10の考え方の記事では、

絆といえる深い友情を築くための与える考え方をお伝えしています。

 

さらに人脈の作り方-社会人になると忘れがちな大切なことでは、

社会人になると人脈を作りたがる人がいますがそんな薄いものではなく、

本当に大切にすべき見えざる人脈についてお伝えしています。

ぜひ、深い内容となってますので合わせてお読みください。

 

好きな人と本音で付き合えることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ