生きるのが辛い…仕事って何のためにするものなの?

スポンサーリンク

生きるのが辛い…仕事って何のためにするものなの?

 

何の目的もなく、ただただ時間だけが流れる日々・・・

やりたくもない仕事を我慢してなぜ働かないといけないのか・・・

自分の生きる意味が分からないと辛くもなってしまいますね。

一生、こんな人生なんてあまりにも空しく感じてしまいます。

 

では、本当の望んでいる生き方に変えていくには?

 

多くの人が今よりももっと良くしたいと思いながら、

それでも望んだ通りの生きられないのは理由があります。

それよりも、むしろ苦しくなってしまう人もいます。

 

  • 仕事の人間関係が辛い
  • 身内や友人関係が悪くなる
  • 金銭関係のトラブルや問題を抱える
  • 年を重ねるほど孤独になっていく
  • 持病と付き合いながら生きる

 

これではホントに生きるのが辛いですね。

僕も仕事が精神的にも肉体的にも辛くていつも孤独で、

身内からも避けられて300万円近くの借金を背負って生きてました。

寒さが身にしみるような辛い日々を30代中盤まで送ってました。

 

けど今では独立して自由に生きています。

ではなぜ、苦しい状況から人生が180度変えることができたのか?

生きるのが辛いのはある思考のワナに気付けないからなのです。

 

(前回の生活のために働く日々…苦しくなる未来とどう向き合う?では、

お金のために働くと不思議なことにお金に苦しい日々になりがちですが、

ある視点の切り替えで未来を変えられる方法についてお伝えしました。)

 

 

今のままではダメだと思う意外な落とし穴

 

「今のままじゃダメだ・・・」

「こんなんじゃ頑張りが足りてない!」

「情けなくて情けなくて嫌になる・・・」

 

これってあなたも心当たりありませんか?

何にしてもできない自分って否定したくなりますね。

今のままではダメだと思って生きると辛いです。

かと言って今の自分を受け入れることもできない・・・

 

では僕達の意識していない潜在意識ではどうなってるのでしょう。

脳は「繰り返される行動を優先する」という特徴があります。

それは思考も感じることも含まれているので、

 

ダメだと思うとその方向へと進んでしまうのです。

 

たとえば、よくあるダイエットで痩せたい場合。

今の自分では太っててダメだからこそ痩せたいんですよね?

痩せたいと思う裏には今の自分ではダメという思いが潜んでます。

そうなるとダメな自分からスタートしないといけません。

 

当たり前だろって思いましたか?

確かにダメだからこそ良くしたいですね。

では、次にお伝えする考え方ではどうでしょうか。

 

 

自分に可能性を感じるということ

 

このことをよくよく考えてほしいのです。

プロ野球選手がバッターボックスに立ったとき、

そのときにどんなことを考えて立っているでしょうか。

そのときは「打てるかもしれない」ではないでしょうか。

 

つまり自分に可能性を感じてるということです。

 

自分はダメだと思ってやってたら結果なんて残せません。

多い通りに生きれる人と生きられない人の違いはここにあります。

だから自分はダメだと思うと生きるのが辛いのです。

 

好きでもない仕事をすると生きるのが辛いですが、

ほんの小さなことでも可能性を感じることをするのが大切です。

 

可能性を感じて行動しても現実を思い知らされることもあります。

けどそれは見方を変えると今の自分の現状を知ったということです。

そこから少しずつ可能性の芽を育てることが大切なのです。

そして少しずつ芽を育てることが苦しい状況を変えるのです。

 

僕も約7年間は結果の出せない悶々とした日々をでした。

だけど、この下積みのお陰でインターネットビジネスに可能性を感じ、

少しずつだけど可能性の芽を育てることで独立しました。

 

 

思考の癖に気付くことが抜け出す第一歩

 

ある友人だった1人ですが、

痩せるためによくランニングをしていました。

ランニングだけじゃなく筋トレもやっているようでした。

僕はその彼に行動そのものはしっかりやってるように感じました。

けど、普段の口癖は、

 

「痩せんといけん!」

「今のままじゃダメだね」

「ホンマ、ダメだわ!」

 

不思議なほど今の自分を否定しまくってました。

僕の中の記憶では「その友人=否定形を使う」という認識でした。

それほど自分に対して否定的な言葉しか言わないのです。

 

それは自分をかばうために言っていたようですが、

そうした言葉を口に出すことで繰り返してしまい、

潜在意識ではダメな自分を優先するようになってたのです。

 

なのでどんなに行動してもダメな方へ引っ張り戻されてました。

 

今ではアルコール依存症かと思うほど酒ばかり飲んでます。

それは本人すら依存症化もしれないと悩むほど習慣化してました。

去年、久しぶりに再会したら見事な巨漢ぶりに驚きました。

 

つまりは自分の思考の癖に気付くことが大切なのです。

どこか心の中でダメだと思っている自分がいないでしょうか。

本当のなりたい自分に対して否定的に考えていませんか?

 

 

ダメだと思う自分に疑問を持ってみる

 

人生が上手くいかない自分・・・

僕もずっとそんな日々を送ってきましたが、

あるときにそんな自分に疑問を感じたことがありました。

 

「なんで、俺って苦しいんじゃろ?」

「なんで、今こんな状況になっとるんじゃろう?」

「なんで、こんな辛い日々をおくっとるんじゃろう?」

 

すると、次第にこう感じてきたのです。

 

「これって苦しい状況なんか?」

「ホンマに苦しいんかのう?」

「苦しいって何なんじゃ?」

 

こうして自分の身体に感じてこと、

そして今までのことを思い出して疑問を抱いてみると、

自分でも自分のことがよく分からなくなってくるんですね。

だけど自分に疑問を持つということは、

 

凝り固まった思考にブレイクスルーを起こすのです。

 

ブレイクスルーとは障壁を突破するという意味です。

生きるのが辛いという障壁を突破して心から望む生き方にするには、

この思考の癖に気付いてブレイクスルーを起こすことです。

 

仕事って生活もあるし変え難いもののように思えますが、

それも結局は自分がどう思っているかに起因していると思います。

今回は、ひとつの方法として参考にしてしてほしいと思います。

 

生きるのが楽しくなれることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ