自分を変えるきっかけを作って自然と変化する7つの方法

スポンサーリンク

自分を変える 方法

 

変わりたいのに変われない・・・

これは誰もが抱える悩みのひとつだと思います。

行動しても、いろんなことが邪魔してしまいますよね。

 

たとえばモチベーションが下がっていくこともそうだし、

急なアクシデントで今までの行動が水の泡となったり、

僕も今年の春に大きなアクシデントがあり、

 

「もう、ダメなんじゃないか・・・」

 

と思う出来事がありました。

人が自分を変えたいと思う理由は、

 

なりたい自分やこのままじゃダメなどあると思います。

 

だけど何も知らずに行動しては、

結局、自分に負けて変えることが難しいのです。

そこで僕がサラリーマンから好きなことで独立し、

自分を変えるきっかけとなった方法を紹介したいと思います。

あなたが望む方向へと変わるヒントとなれば幸いです。

 

(前回の気付いたら頼れる人が誰もいない…孤独でも前に進むには?では、

仲間がいない孤独な状態でも自分を変えて前に進みたいと思ったときの、

孤独だからこそ知ることのできる大切なことについてお伝えしました。)

 

 

1、部屋を片付けて要らない物を捨てる

 

自分を変えるには環境を変えることは大切です。

環境を変えることに手っ取り早い方法は、

自分の部屋の要らない物を捨てて片付けることです。

 

目に見える範囲をすっきりさせるということは、

不要な情報が入らないので自分に集中できます。

 

そうした環境を作った上で行動することは、

嫌でも自分と向き合うことになるので前に進めます。

だけど、ただゴミや身の周りを捨てるのではありません。

 

長時間、無駄な時間を過ごしてしまう物を捨てるのです。

 

なぜなら、そこに自分を変えるのを邪魔する原因があるからです。

なので”自分を変えなくしている物”を捨てることが大切です。

ここにきっかけを作ることで自然と変化できます。

 

何を捨てればいいのか分からない場合は、

シンプルライフ!物を持たない37のテクニックにて、

捨てるべき物を紹介してますので参考にしてみて下さい。

 

 

2、考える必要のない行動から始める

 

なぜ行動することが面倒だと感じるのでしょう。

それは考えなければいけないからです。

実は動くことより考えることの方が面倒なのです。

 

その証拠に何も考える必要のない行動は楽ですね。

なので習慣にすることは大事だと言われてますし、

逆に悪い生活習慣を変えることは困難なのです。

ですが、そんな重たい行動を変えるきっかけは、

 

最初に何も考える必要のないことを組み込むことです。

 

これは僕が2014年1月にネットビジネスを始めて、

これは大事だと思った自分を変える方法です。

 

具体的には、コロコロでベッドや床を掃除したり、

湯を沸かしてコーヒーを入れるということをやりました。

それからパソコンに向かって作業をするという手順を行い、

今では独立して生計を立てるというところまできました。

 

 

3、面倒と感じることを意識して行動する

 

面倒に感じることは非常に腰が重たいものです。

面倒なことは避けたいし、関わりたくもないものですね。

そして自分を変えるということも面倒なことのひとつです。

僕達はすぐやらなければいけない重要なことは行動しますが、

 

すぐにやる必要のない重要なことは腰が重くなりがちです。

 

しかし、ここが人生を変えるほど重要な部分なのです。

僕のやってきたネットビジネスなんかもそうです。

わざわざ時間を作ってまでやる必要のないことです。

 

しかし、今を変えたいと本気で望むなら、

重要なことであり、向き合うべき手段のひとつです。

面倒と感じることは変わることができる意味でもあります。

なのでその感じる感情をきっかけに行動することが大切です。

 

 

4、今までの人間関係に一旦距離を置く

 

今までの人間関係を捨てるとか断捨離するとか、

なかなか完全に断つことなんて難しかったりします。

ですが、何も全てを断つ必要なんてないのです。

 

たとえばあなたの家族はあなたの人生で、

生きてる限りは切ることのできない人間関係です。

けど身近な人ほどあなたを止めようとするのも確かです。

これを言い換えると「ドリームキラー」なんて言ったりします。

そんな場合は、その人の前でやりたいことの話をしないとか、

 

上手く考え方を切り替えることで人間関係を良好に保てます。

 

物理的に関わりが濃かったとしても、

考え方を変えることで上手く距離感を作ることができます。

人は見える結果が出ないことには認めてもらい難い側面もあります。

 

自分のやりたいことに集中するためのきっかけ作りに、

人間関係に一旦距離を置くということをすれば、

自分を変えることもより可能になっていくでしょう。

 

 

5、今やってることを止めてみる

 

これも僕がネットビジネスを始めた時のことですが、

それまで15年間やってきた格闘技を止めて臨みました。

自分を変えるには今やってることを止めることは大切です。

 

自分が成功するために必要のない行動だとか、

それをやることがやりたいことの妨げになってしまうとか、

余計な時間や思考に阻まれてしまうとか、

 

このような理論的な理由もあるかもしれませんが、

僕はそれが大事なような気がするという直感でした。

 

他には仕事で一切の残業をしないとか、

無駄な時間だけを過ごしてしまうだけの友達付き合いとか、

 

自分を引っ張り戻されてしまうことに従うことを止めました。

 

残業なんて頑張れば残業代が貰えるというメリットがありますし、

友達と楽しい時間を過ごすというのは本当に楽しいものです。

けど自分を変えるために置いていく必要があるのも確かです。

これも人間関係と一緒で一旦距離を置くという考え方です。

 

 

6、自分の身体の声を聴く

 

思い通りに自分を変えることがでれば苦労はしません。

ある程度の継続や忍耐も必要になるのは確かです。

 

僕がネットビジネスを始めたのだって、

最初は副業として毎日2~3記事書いてました。

副業なので当然昼間は通常の仕事をやってました。

 

だけど身体はいつでも集中力を保てるわけではないですね。

それにモチベーションだって維持することは難しいものです。

 

そこで気力が湧いてこない時に無理してやろうとはせず、

身体を休ませて気力が回復してから作業をするようにしました。

これは「8:2の法則」にも通じる考え方で、

 

1日のうちの2割の最も集中できる時間に作業をすることです。

 

人は1年間、1ヶ月間、1週間、1日と、

最も集中できる時期や瞬間というのがあるかと思います。

1年や1ヶ月が分からなくても1日なら何とかなります。

それは身体が疲れてる時など身体の声を聴くことです。

 

 

7、直感が働いた方向へと行く

 

これは最も大切にしたいことです。

僕は直感が働いた方向へ行くと必ず正解に導かれました。

人によって直感の働き方に違いがあるかもしれませんが、

僕の直感の働く瞬間というのは、

 

「これは大事だ!」

 

と感じる瞬間でした。

こうした直感を感じた時というのは、

忘れることなくその後も記憶に残り続けます。

 

それだけ、あなたの価値観に近く重要なことだからです。

 

なので他人の意見や外側の情報もいいのですが、

自分の直感が働いた方向へ行くということも、

行動の指針として大事にされてみると良いと思います。

 

これが最も自分を変えるきっかけなのは確かです。

深く感動する方向へは才能や天才性も眠っています。

頑張りや努力を感じることなく自分を変えることができます。

 

たとえば自分の好きなことや趣味で、

ただ楽しんでるだけで収入が得られるイメージです。

それはやはり自分の直感を信じることが大事なのです。

 

 

自分を変えるには何もない自分にしていくこと

 

今回の内容は、いかがでしたでしょうか。

何かひとつでもピンときたものはあったでしょうか。

自分は変えるとは一言でいうと、

 

日常の習慣を変えることです。

 

それはあなたもご存知のことかもしれませんが、

習慣を簡単に変えることできれば誰もが苦労しません。

 

ダイエットでも太る習慣を変えることが成功のカギです。

節約だって無駄遣いする習慣を変えることが成功のカギです。

ビジネスも成功する思考の習慣に変えることが成功のカギです。

 

その習慣を変えるためのきっかけを作る7つの方法です。

 

また、より内面的な内容を書いたものとして、

本気で自分を変えるための6つの行動を紹介致します。

こちらも合わせて読んで頂くと自分を理解しやすいでしょう。

 

変化を楽しめる自分になれることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ