頭脳明晰な人の特徴-脳に良い刺激を与える10の習慣その1

スポンサーリンク

頭脳明晰な人の特徴-脳に良い刺激を与え10の習慣その1

 

もっとデキる自分になりたい。

あなたは脳の使い方に興味がありませんか?

世の中には頭脳明晰な人がいます。

そのような人達の脳の使い方を知ることで、

僕たちでも脳に良い刺激を与えて、良い習慣をつくれるかもしれません。

 

僕は今現在、仕事の部署が変わって半月が経つのですが、

全くのはじめての職務内容だけにまだまだ分からないことが多くて、

とても要領よく仕事をこなすことはできません。

 

「ほんと、これから先は大丈夫なんだろうか…」

「この仕事ができないようなら、次を考えないと…」

 

と不安に感じることもあり、悪い方へと考えてしまうこともあります。

 

もしここで脳の使い方を理解して実践するとしたら?

 

もしかしたら自分の抱える不安を跳ねのけて、うまく仕事ができるかもしれません。

仕事ができる自分を自覚できるようになると、

胸から強い何かを感じて強い使命感と共にやる気がみなぎりそう。

それはまるで心に火がついたかのようになれるんじゃないだろうか。

 

そのヒントは頭脳明晰な人の持つ習慣の中にあるのかもしれません。

あなたにもぜひ脳の取り扱い説明書として参考にして頂きたいと思います。

 

(前回は、頭脳明晰になる方法-記憶を効率よく引き出す3つのテクニックにて、

頭脳明晰になる方法として記憶力の引き出し方のコツについてお伝えしました。)

 

 

1、1日の中で集中する瞬間を持つ

 

最も集中している状態とはどんな状態だと思いますか?

何かに没頭している瞬間だったり、緊張感のある場だったりしますね。

 

実は頭の回転が最も早い瞬間というのは、この集中しているときなのです。

そしてあなたもご存知の通り、集中できる時間は2時間程度と言われています。

つまり意図的にこの回転数を上げることをすれば1日の集中力はグッと上がるのです。

ではどうすれば集中力を意図的に上げることができるのでしょうか。

 

僕たちが意図的にできることは時間の制約を設けるということです。

時間の制約がないといつまでもダラダラとしてしまうことが多いようです。

さらに時間の制約がなくなることで何が重要なのかの判断も鈍ります。

 

何か目的や目標を決めたのであれば、たとえ心に抵抗を感じたとしても期限を付けましょう。

時間の制約を設けることで意識的に集中力と判断力を養いましょう。

 

 

2、睡眠を十分にとる

 

1日の情報を整理するために脳は睡眠時間を利用します。

夜に仕事をする方も多いかもしれませんが、

人間は基本的に夜の時間は睡眠をとるようになっています。

なので身体から眠気を感じるようであれば、身体の反応に素直に従うこと。

 

「そろそろ情報整理をさせてくれないか?」

 

と脳からのメッセージなので、

何らかの眠気を感じたら脳を休ませてあげることが大切です。

睡眠は疲労回復だけでなく、思考の整理のためにも必要なのです。

そして夜の適した活動としては情報を蓄えることです。

 

 

3、脳の持久力をアップさせる

 

集中力は2時間程度と言われてますが、

どんなときでも2時間きっちりと集中することはできるでしょうか?

それは内容によってバラつきがあると思います。

 

なのでスポーツで持久力を高めるためにランニングをするのと同じように、

普段の生活から脳の持久力をアップするためのトレーニングが大切です。

 

家事や雑用的なことを積極的にこなしていきましょう。

そしてこれらは「面倒だなぁ」と感じやすいもののようです。

この面倒だと感じることに持久力アップのヒントがあります。

それは面倒だと感じることを積極的に行って脳を慣れさせていくのです。

これが脳の持久力アップの秘訣です。

頭脳明晰な人はこの面倒なことを積極的に行っています。

 

 

4、思考を整理する能力を高める

 

あなたの周りにも要領が良い人がいませんか?

シンプルに思考の整理する能力を高めるにはモノの整理をすることです。

見の周りのモノの整理整頓を普段からする習慣があると、

思考を整理する能力も自然と高まっていくようです。

 

頭脳明晰な人は忙しいときほど意識的に見の周りのモノの整理をします。

このブログではシンプルライフの大切さをお伝えさせて頂いてますが、

脳に良い刺激を与える意味でもとても大切なことなのです。

 

頭が混乱したときは、机の上を整理することからはじめると良いでしょう。

とにかく整理することからはじめて原点から考えることです。

 

 

5、問題解決力を高める

 

問題解決力を高めるには、一番優先度の高いものに取り組むことです。

普段から優先度の高いことを意識的に取り組む習慣を持つことで、

集中力が高まり、選択能力や判断力も養えます。

 

もし優先度の低いものを選択して行っているとどうなるでしょうか?

きっと何か問題が発生したとしても、集中して取り組むことができず、

もの事がウヤモヤの状態となって、気持ちもスッキリしないのではないでしょうか。

 

普段から自分にとって何が大切なのかを選択し続けることです。

それが問題解決力を高める一番の方法です。

そして頭脳明晰な人が行っている大切な習慣です。

 

 

頭脳明晰な人の特徴~まとめ~

 

僕たちは自ら脳のパフォーマンスを下げてしまうことがあります。

それは興味のないことをし続けることです。

頭脳明晰な人は、この興味のないことを避けます。

 

たとえば僕たちは普段、興味のない仕事に朝早くから夜遅くまで時間を費やします。

本当はもっと心の底からやりたいと思う優先度の高い何かがあるはずなんです。

しかし、今の環境や世間体が気になりそこに素直に向かっていくことができません。

 

そうであったとしても自由な時間が全くないわけではありません。

その時間を利用して、頭脳明晰な人と同じような生活スタイルを送る。

このように意識的に脳に良い刺激を与える習慣を染み込ませていくことが大切です。

本当の頭脳明晰になれることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ