頭脳明晰になる方法-記憶を効率よく引き出す3つのテクニック

スポンサーリンク

頭脳明晰になる方法-記憶を効率よく引き出す3つのテクニック

 

いつも仕事で失敗ばかりしていませんか?

あなたの周りにも頭脳明晰な頭の良い人がいるかもしれません。

そんな人と比べると落ち込んでいまいそうです。

 

「もう少し頭の回転が速ければ…」

 

何をするにもスピードが遅く、頭がついてまわらない。

自分は頭がわるいなぁと思うのは意外とたくさんの人が感じているようです。

テキパキと仕事をこなす頭脳明晰で頭の回転が速い人には憧れますね。

そんな人のように頭脳明晰になる方法はあるのでしょうか。

 

実際、頭が良い悪いというのは脳の活用の仕方次第と言えます。

つまり脳の使い方次第でいくらでも自分を変えることが可能なのです。

なのであなたの頭が特別悪いということではないのです。

それでも自分の頭の回転は遅い方だと悩んでしまい、

自己否定に苦しんでしまうこともあるかもしれません。

 

そんなときの気持ちはとても良いものではありませんね。

少しでも気持ちの良い一日を送れるよう頭脳明晰になる方法をご紹介したいと思います。

 

(前回は人付き合いが苦手を克服-自分の価値観で他人と比べてませんか?にて、

人付き合いと価値観の関係についてお伝えしました。)

 

 

1、デキる人をモデリング

 

よく「うまくデキている人の真似をする」と言います。

うまくやっている人ほどデキる人を真似ているようです

 

このように成功している人の真似をすることを「モデリング」と言います。

心理学ではこの真似をすることをモデリングと名付けて、

スキルとして存在するくらいとても重要な考え方なのです。

 

モデリングのコツはデキている人をよく観察することです。

しかし観察をするにしても観察の仕方があります。

それは、デキている人の行動パターンを真似することで、

どのような心構え、もの事に向かう姿勢、どんな思いで行っているのか?

そうしたデキている人の気持ちのところまで知ろうとする意識です。

 

そのためには、最初はシンプルに行動パターンを真似ることが大切です。

そして「真似る」とは「学ぶ」ことと同じ意味でもあります。

どんなことでも最初はデキている人のかたちをモデリングすることから。

何かを学ぶときの基本ですので、素直に真似ることは当たり前のことでもあります。

 

 

2、思い出すためのキッカケをつくる

 

覚えたことをしっかりと記憶できる人、そんな記憶力が良い人がいます。

もう少し噛み砕いてみると、

記憶力が良い人と言うのは記憶の引き出し方が上手い人

と言い換えることができます。

 

ではどうすれば記憶の引き出し方が上手くなれるのでしょうか。

それは記憶を芋ずるのように引き出していくために、

一番最初に取っ掛かりをつくっておくのです。

 

たとえば仕事の手順を教えてもらったときに、メモをとるときがありますね。

また他人からの伝言を忘れないように紙に箇条書きすることもありますね。

 

Aというキッカケによって、Bという記憶を思い出す。

Bという記憶を思い出すために、Aというキッカケをつくる。

 

このように最初の取っ掛かりのことを心理学では「アンカー」と呼んでいます。

記憶力が良い人というのはこのアンカーの作り方が上手い人です。

そして頭脳明晰や頭が良い人と言われる人の共通しているのは記憶力です。

それはご説明した通り、記憶の引き出し方が上手い人なのです。

 

そしてあなたが頭脳明晰になりたいと思うなら、

メモをとったり、モノを移動しておいたり、身体の一部に触れたり…

何でも良いので記憶が引き出しやすいように仕掛けを実際につくっておくことで、

それは簡単に現実のかたちにすることが充分に可能です。

 

 

3、運動で記憶力を上げる

 

運動によって記憶力が上がることは誰もが知っていることです。

その理由は運動をすると身体の血流が活発になるからです。

頭脳明晰になる方法として手っ取り早いのが、

血流の流れを活発にする運動を日常で取り入れることなのです。

運動をすると身体が健康的になれるのと同じように脳も健康的になれます。

 

ではどんな運動が頭脳明晰になるのに適しているのでしょうか。

それは有酸素運動をすることです。

有酸素運動は、脳の神経細胞が成長するための肥料のような役割を果たします。

 

なんと驚くべきことに年齢を重ねても記憶力の元である海馬は大きくなるそうです。

そこに有効的な方法が有酸素運動ということになります。

それは60歳、70歳、80歳になったとしても同じことだと言われています。

これはNHKの『ためしてガッテン』でも紹介されていました。

 

そして有酸素運動を定期的に日常の中で取り入れることで、

認知症に掛かるリスクを半分にすることができるとも言われています。

脳は年齢を重ねても鍛えることができると言われる理由はここにあります。

頭脳明晰になる方法として有酸素運動を行うと良いでしょう。

 

 

頭脳明晰になる方法~まとめ~

 

頭の回転が速い人というのは、また記憶力が良い人というのは、

元々生まれついてのものではなく多くの場合、

記憶の引き出し方をその人なりに上手く工夫しているからです。

 

またモデリングもデキる人を真似ることで簡単に記憶しやすいと思います。

 

有酸素運動→モデリング→アンカー

 

このように記憶力を上げるための生活習慣をつくっていくために、

あとはあなたに合った頭脳明晰になる方法を自由に選択していくだけです。

もし今よりも頭脳明晰になれるとしたらどうなれると思いますか?

できないと思い込んでいた夢や理想が実現できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ