反応率を上げるためのキャッチコピー、基本の7つの考え方

スポンサーリンク

コピーライティング

 

コピーライティングでは、キャッチコピーが一番重要です。

それは、ほとんどの人がキャッチコピーを見ただけで、関心があるかないかを判断しているからです。

 

なので、コピーライティングが生きるかどうかはキャッチコピーで決まると言っても過言ではないでしょう。

ここに基本の7つを紹介します。

1、役に立つ情報が伝わる

インターネットで何かを検索するとき、じっくりと1ページ1ページを見る人は少ないと思います。

瞬間的に流れるようにパッと見る人の注意を引いて、あなたの文章を読んでもらうには、

「あっ、これ気になる!」

と目にとまってもらう必要があります。

そのためには、キャッチコピーを見ただけで、

「これは役に立つ情報が入っている」

ということが伝わるようにすることが大切です。

例えば、

・週1回30分のコピーライティングで、一日3000のアクセスアップ法

・たった5分の瞑想で、3日後に300人の前で堂々とプレゼンが出来る方法

・1/5の筋力で40キロの荷物を持ち上げる身体の使い方

以上のキャッチコピーは、それに関心がある人にとってはパッと目に止まってしまうでしょう。

2、得になることと好奇心を組み合わせる

特になるキャッチコピーに、好奇心をそそられる組み合わせをするとアクセスアップに繋がるキャッチコピーになります。

例えば、

・ネットビジネスで稼ぐために行ったある意外なこと

・毎日ブログを書く習慣をつくるための誰も知らない考え方

これだたと

「ネットビジネスで稼ぐ方法」や「ブログを書くための習慣」より読者の目を引きます。

必ず「特になる」+「好奇心」の組み合わせが効果を産む方法です。

3、一番伝えたいメッセージを伝えること

このキャッチコピーで何を伝えたいかを読者に理解してもらうことが大切です。

例えば、

「重要なお知らせがあります」

だと何の事だか分かり辛いですね。

「ネットビジネスで稼ぐために、アメブロからヒントを得た重要なお知らせがあります」

とこのように「ねっとビジネスで稼ぐための方法」を伝えることができます。

4、全てを伝えようとしないこと

キャッチコピーは読んでもらうためのものです。

なので、内容を読まなくても書いてあることが想像できてしまうキャッチコピーは効果が薄くなってしまいます。

本文に読み進んでもらうために、キャッチコピーで全てを伝えようせず、

じらして気にさせることを意識しましょう。

5、自分の利口さを捨てる

残念ながら、あなたの才能やセンスや頭の切れをアピールしても読者からするとどうでも良いことのようです。

キャッチコピーの目的は、読者の気を引くこと。

例えば、

「キーワードは可愛く甘える」

本人からすると納得できるタイトルですが、読者からすると何のことか分からないキャッチコピーになってしまいます。

6、中身のないキャッチコピーはNG

例えば、

・このような時に起こったら…

・これからの時代に必要なこと

ここまで読んで頂いたあなたならもうお分かりですね。

売れるキャッチコピーに必要な役割は、読者の興味を惹くことです。

7、短くしようと意識し過ぎないこと

伝えたいメッセージを犠牲にして短くするのは、とても勿体ないことです。

本当に伝えたいメッセージは、多少長くなってもキャッチコピーに入れた方が良いでしょう。

本当に伝えたいメッセージを含んだ長いキャッチコピーと、

簡素でスタイリッシュなキャッチコピーだと、

前者の方が反応率が高いようです。

 

以上のことを意識することで劇的にキャッチコピーは変わるでしょう。

キャッチコピーがコピーライティングの8割を占めると言われています。

キャッチコピーを磨くと、

今までのアクセス数が2倍3倍となっていき、

パソコンの画面を見て思わず嬉しさが込み上げてくるかもしれません。

それは、ネットビジネスはアクセスアップが売り上げに直結してくるので、

欲しかったブランドの洋服が買えたり、

行きたかった北海道カニツアーに行けたり、

マッサージの上級プランに遠慮なく申し込みできたりと、

今までできなかったことが出来るようになる未来が得られるからかもしれません。

では、あなたはまず何からはじめますか?

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ