買って後悔と買わずに後悔って結局どっちがいいの?

スポンサーリンク

買って後悔と買わずに後悔って結局どっちがいいの?

 

欲しかったから思い切って買って後悔、

散々悩んでやめたんだけど買わずに後悔。

結局どっちを選んだら正解なんでしょう。

 

今回は勝って後悔か買わずに後悔か?

実は大事なのは別にあるという話をします。

 

買って後悔と買わずに後悔

買って後悔と買わずに後悔って結局どっちがいいの?

 

この結論は買っても買わなくても後悔します。

そうじゃなく別の視点を持つ必要があるんです。

 

僕が人生で最も後悔した買い物

 

僕が人生で最も後悔した買い物は、

二十歳くらいの時の車を購入した時でした。

 

当時は免許を取って1年ほど経ったくらいで、

最初は知り合いからコンパクトカーを譲り受け、

しかも車体がタダだったのでラッキーでした。

 

この車の特徴はキャンバストップと言って、

天井部分が全面開放させることが出来ました。

なので夜中は星空を見ながら走ることもあり、

最初の車なので思い出深いものでした。

 

そして僕はフリーターをやってたんですが、

母親の紹介で正社員で働くことになりました。

 

まとまった収入が入るようになってきて、

そろそろ車も買い替えようと思ったんですね。

 

そこで兄と一緒に車探しをすることなって、

兄がマツダ車で珍しそうな車を見つけたので、

現車を見に行こうということになりました。

 

僅か3日で最大の後悔が訪れた

 

その車はAZ1というスポーツカーで、

しかもM2モデルという最上級グレードでした。

それが軽自動車なのに200万くらいして、

2000年代初期にしては最高額でした。

 

だけど僕は本当はダイハツムーブと言って、

ワゴンの軽自動車が欲しいと思ってました。

そこで兄にムーブにすると話を持ち掛けたら、

 

「男が一度決めたら最後まで貫け!」

 

という訳の分からないこと言い出し、

何度もAZ1がある車屋に足を運ばされ、

気が付いたら契約書にサインを書いてました。

 

納車されて僅か3日で大きな後悔が訪れました。

そして1週間足らずで売却してしまいました。

 

そもそも他の車と比べて異型な姿だったし、

ガルウィングといってドアが上に開いたり、

何もかも特殊だったのが嫌だったんですね。

 

見た目がカッコイイというだけでしたが、

ホントにそれだけの車でした。

 

その後はワゴンタイプの軽自動車に乗り換え、

ボロい車でしたがその方がマシでした。

 

これが僕が人生で最も後悔した買い物です。

よく買わなくて後悔するか買って後悔するか、

どっちがいいかという議論が出たりしますが、

正直迷うくらいなら買わない方がいいです。

 

買っても買わなくても後悔する理由は一緒

 

ただ今の自分だから分かりますが、

買っても買わなくても後悔する理由は、

実は一緒なんだってことが分かりました。

 

後悔するのはある前提が入ってるから

 

つまり、どういうことかと言うと、

スポンサーリンク

 

目的が自分中心になっているから。

 

といことなんですね。

自分の利益だけを優先した買い物は、

後悔に繋がりやすいということなんです。

 

例えば家族や恋人の為にお祝いをしたり、

奮発して何かプレゼントをするとしましょう。

その時って後悔がなかったりしませんか?

 

むしろどう喜んでくれるんだろうとか、

奮発したけど何だかスッキリしたというか、

不思議と晴れやかな気持ちになるというか、

圧倒的に気持ちの違いがあるんですね。

 

といことはここで何が言えるかと言うと、

買って後悔か買わずに後悔かというのは、

 

そもそもの前提が間違っている!

 

ということが言いたいんですね。

当時の僕が車を買って後悔したのも、

自分中心にしか考えてなかったからでした。

だから兄の気迫に負けてしまったんですね。

 

後悔しない買い物に必要な視点

 

買って後悔か買わずに後悔するとは、

そもそもの前提が間違っていると言うなら、

じゃあどう考えていけばいいのでしょう。

 

自分の為だけじゃないお金の使い方

 

それは以下のような視点を持つことです。

  • 購入することで誰が喜んでくれるだろう
  • 何を購入すれば喜んでもらえるだろうか
  • 購入することでどう役立てられるだろう

 

こうした視点を持って、

家族、友人、恋人が喜ぶ買い物をすれば、

自分中心よりは後悔はしなくなるはずです。

 

別に自分の為の買い物をしてはいけない・・・

という訳ではないんですね。

 

ただ買って後悔か買わずに後悔という、

そんなところで迷いが生じてしまうくらいなら、

もっと別のところに視点を移してみては?

ということが言いたいんですね。

 

もし自分の為の買い物であっても、

迷いがないのなら全然問題はないと思います。

 

本当は後悔することは悪いことじゃない

買って後悔と買わずに後悔って結局どっちがいいの?

 

最後にもうひとつ言いたいことがあります。

それは後悔することを皆嫌がりますが、

 

後悔は大きく成長させてくれます。

 

人は問題と感じなければ変えようとしません。

ぬるま湯に浸かった人生を歩んでる人が、

一念発起して人生を180度変えました!

なんて話は僕は一度も聞いたことがないです。

 

後悔するというのは、

その瞬間は辛さや苦しさを感じますが、

痛みを味わうからこそ同じ思いをしないよう、

 

じゃあ同じ轍を踏まない為に何をするか?

 

という視点が生まれる訳です。

そもそも失敗と言うのは失敗じゃなくて、

軌道修正や方向転換の為にあるんです。

 

僕も5年前から独立していますが、

何度も上手くいかないことの繰り返しです。

けどその度にその経験から学ぶ意識を持ち、

 

だったら次はどう行動したらいいか?

 

という視点で考えてやってるんですね。

そもそもが一度で上手くいく方が稀な話で、

それは誰もが分かっていることです。

 

それが自分のこととなると痛みに敏感になり、

過度に後悔や失敗を怖れてしまうんですね。

 

ということで今回はここまでにします。

本日もお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ