これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

スポンサーリンク

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

「今後の景気はどうなるんだろう・・・」

「今までの暮らしを失うかもしれない・・・」

「これからどうやって生きればいい?」

 

今、コロナの影響で実体経済は大不況です。

けど今までの社会構造が変わる意味があり、

必ずしもネガティブとは限らないんです。

 

今回は個人レベルでどうすればいいのか?

その答えを話していきたいと思います。

 

以下は今回の内容の動画版です。

これからどうやって生きていけばいい?

 

今後どうすればいいか分からない状態・・・

先が見えない未来は余計にでも不安ですね。

僕達が個人で出来ることは極めてシンプルで、

 

それは自分で稼ぐ力を身に付けること

 

とにかくこの一択に尽きるんですね。

というのもどんなに世界的な大恐慌でも、

必ず人類は乗り越えて今を生きてるからです。

ということは未来を見据えることが大切。

 

目の前の生活が変化する不安

 

今まではテレビやネットのニュースなど、

景気が悪化するなんて騒がれたとしても、

 

「ふーん、そうなんだぁ」

「なんだかやばそうだなぁ」

 

そんな程度で危機感はなかったと思います。

けど今のあなたの現状はいかがでしょうか。

仕事に何らかの影響が出てきてませんか?

  • 店に来るお客の数が激減した
  • 新規で契約が取れる数が減った
  • 受注が減って仕事が回らない

 

あなたの仕事にも影響が出てませんか?

そうなるといくらのほほんと生きてても、

 

「なんかヤバいかもしれないな・・・」

 

なんとなく感じていないでしょうか。

人によっては強い危機感で胸が一杯になり、

呼吸をすることさえも苦しいかもしれません。

 

それもそうで今までの生活が出来なくなり、

そして未来がどうなるかさえ分からない・・・

そんなの誰だって不安になってしまいます。

 

けど自分の身は自分で何とかするしかない

 

いつだって現実を変える人はこれです。

だからこそ自分で稼ぐ力を身に付けること。

経済的不安は心にも大きな負担ですよね。

 

労働者も経営者も関係なく死活問題

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

また会社経営者や個人事業者に関しては、

この事態は誰もが危機迫る状況だと思います。

 

今まではダメなら事業をたたんでしまい、

サラリーマンに戻れば何とか食い繋げる・・・

そんなセーフティネットな考えを持っていて、

大丈夫だろうと考えてた人も多いと思います。

 

ところが今後企業倒産が相次いでいき、

失業者が世の中に溢れる可能性があります。

そうなるとアルバイトさえ倍率が高くなり、

働くことさえ難しくなるかもしれません。

だからこそ自力だ立て直すことが必要で、

 

自分で稼ぐ力を身に付けること

 

ここに注力することが大切なんですね。

今の事業をたたむか継続するかは別として、

個人で稼ぐ力というのは不可欠なんです。

そしてどんな立場でも言えることが、

 

自分のことは自分でなんとかするしかない

 

誰も助けてくれることはないので、

結局のところそうなるわけです。

 

では具体的にどう考えて行動するべきか

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

「じゃあ、どうやって稼げばいいの?」

「具体的な方法を教えてほしい!」

 

という疑問が浮かんでくると思います。

確かに闇雲に行動しても状況は好転しません。

なのでここで重要な考えがあって、

 

それは時代の流れを読んで先回りする

 

という考え方をしていく必要があります。

これは当然と言えば当然のことなんですが、

今から鉄工所を経営しても非常に困難でも、

同じことをやってしまう人がいるんですね。

 

何故なら人って感情が揺れてしまうと、

冷静な判断が出来なくなるものなんです。

 

今後どういった流れになっていくのか

 

もう大半の人は感じてると思いますが、

 

今後はオンライン化の傾向が強くなります。

 

オンラインに上手く変化できる事業者が、

今後訪れる不況にも何とか乗り越えられて、

その後の新たな時代を迎えられるわけです。

なのでカギはオンライン化ということです。

 

これはひとつのアンサーであって、

決してこれが全てと言うわけではないです。

ただオンライン化は明快な答えですね。

 

人々が今まで縛られた価値観に気付く

 

今はテレワークが叫ばれてますが、

そこで多くのことに気付けるんですね。

例えばわざわざ出社しいて会議をせずとも、

オンラインで済ませられるじゃないかとか。

 

どころかわざわざ出社して働かなくても、

オンライン上でのやり取りでいいじゃないか、

直接雇用する必要なんてないじゃないかなど、

色んな事実に気付いていけるわけなんです。

 

そして自分達が如何に古い価値観に縛られ、

それを疑うことなく従って生きてきたか・・・

こうしたパラダイムシフトが次々と起きていき、

やがて社会的な変革へと向かっていくのです。

 

提供しているサービスの変化

 

また時代の流れに上手く乗っていき、

生き残っていける人も少なくはありません。

例えば以下のようなものがそうです。

スポンサーリンク

  • 英会話スクール → オンライン授業
  • 美容室 → 自宅訪問型カットサービス
  • 来店系アフィリ → 自宅サービス系アフィリ

 

このように時代の流れに合わせて変化し、

上手く乗り越えることが求められています。

たとえ今目の前の壁が固く閉ざされたとしても、

 

別の方を見れば意外と風が吹いてるんです。

 

その風に如何に気付けるかがカギで、

だからこそ時代の流れを読むことなんですね。

何となくでもお分かり頂けたでしょうか。

 

今まで通りにはいかないと腹を括ること

 

多くの人が思ってることのひとつに、

コロナが収束したら元の生活に戻れる・・・

これも実に大半の人が思ってるでしょう。

 

「収束したら〇〇のお店に行こう!」

「またみんなで集まって〇〇しよう!」

 

残念ながらそうは言えないのも事実です。

例えばクルーズ船の無料招待券を貰ったとして、

あなたはそれに参加したいと思うでしょうか。

仮にそれが2年後3年後であったとしても、

 

「う、でも何か不安だなぁ・・・」

 

て感じる部分は少なからずあるはずです。

なのでクルーズ船の業界は衰退しそうですが、

要するに何が言いたいかと言うと、

 

人類のイメージそのものが大きく変化している

 

ということが言いたいんですね。

それは先程言ったオンライン化でも同じです。

 

経済っていうのは言ってみれば気分なんです。

人々が良いと思えば多くの人が賑わっていき、

危険だと感じれば閑古鳥が鳴く事態となる。

 

だからこそ時代の流れを先読みして、

今からできることを淡々と積み重ねることで、

自分で稼ぐ力を身に付けることなんですね。

 

そうなると出てきてしまう弊害が…

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

ところが人って自ら不安を煽るもので、

 

「ライバルも増えるんじゃない?」

「結局才能がある人だけじゃない?」

 

そんな風に考えてしまうものだと思います。

ただこれに関しては人が多く集まれば集まるほど、

ど真ん中に矢が射抜けなくも良いと思います。

 

変化の時代こそ新規参入にチャンス

 

僕が6年前にブログを始めた頃は、

被リンクからコンテンツ重視への移行期で、

質の高い記事が優遇される時代でした。

 

たまたま僕は時代の流れに上手く乗れて、

コツコツと記事を積み重ねていったことで、

結果として1年後には独立も果たせたんです。

今業界の節目どころか時代の変革期なので、

 

新規参入者もチャンスに恵まれやすい!

 

僕は個人的な経験からもそう感じています。

 

芸能人が軒並み参入するYoutube市場

 

この話の流れに関連してYoutube市場。

仕事がない芸能人がどんどん参入しており、

もはや何もない個人では不可能ではないか?

そんな不安を感じる人も多いかと思います。

 

けど芸能人が参入すればどうなるかと言うと、

Youtube市場そのものが大きくなっていきます。

より多くの人が集まる場になるんですね。

 

そこで時代の流れを先読みして、

そうした動画コンテンツを積み重ねれば、

わざわざ芸能人と同じくエンタメ系で勝負し、

疲弊する必要も全くなくなるわけなんです。

 

例えば最近では人気漫画の考察動画。

人気なので大概はアニメ化してるもので、

動画配信サービスを紹介することが出来ます。

Youtube自体の広告収入と企業の広告収入と、

2つのキャッシュポイントが作れるわけです。

 

なので決して自分には何もないからと、

諦めるというのは勿体無いことなんですね。

 

この世界恐慌で本当に見つめるべきこと

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

ここまで色々とお話させて頂きましたが、

ここで僕が一番言いたいことはこれです。

 

あなたは本当はどうなりたいでしょうか。

 

自分の本音と現実がズレたところで生きると、

ずっと仕事が辛かったり人を疑い続けたりと、

アクセルとブレーキの同時押しになるんです。

 

今まではそれでも何とかやってこれたとしても、

いよいよそれでは通じない現実が迫っている。

個人が本音に素直に生きる必要性が求められ、

結局全てはここに帰結すると僕は思います。

 

僕は自分が本当はどうなりたいかを知る為、

部屋の物を95%以上を断捨離しました。

関連記事

 

どんな人でも必ず道は開かれている

これからどうやって生きていけばいい?新時代を生き抜く方法

 

ということで今回の話はここまでです。

内容をまとめると以下のようになります。

これからどうやって生きていくかの答えは、

  • とにかく自分で稼ぐ力を身に付けること
  • 時代を先読みして出来る準備を積み重ねる
  • 別の方向を見れば風は吹いているもの

 

会社以外の収入源を今からでも築いていくことで、

更なる不測の事態を回避することも出来るはずです。

 

ワードプレス、ブログサービス、シリウス、

Youtube、ニコニコ動画、Amazon、楽天市場、

メルカリ、ラクマ、PayPayフリマ、ヤフオク、

Twitter、Instagram、LINE、Facebook、TikTok等々。

 

ありとあらゆるネット上の媒体が存在します。

その中で自分と相性の良いものを育てることで、

そこから道が開いていくものなんですね。

 

既に事業を展開している場合でも、

活用の仕方を少し工夫するだけ状況は好転し、

新たな時代を迎えることは十分に可能なはずです。

 

どんな状況どんな立場でも道はあると思います。

結局自分のことは自分で何とかするしかないので、

今の自分に出来ることを積み重ねましょう!

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ