ソウルメイトとは?運命の意味を考える5つのこと

スポンサーリンク

ソウルメイトとは?運命の意味を考える5つのこと

 

あなたはソウルメイトという言葉を聞いたことがあるかと思います。

ソウルメイトとはどんな意味を持つことなのでしょうか?

運命の人との関係とは何でしょうか。

 

魂の友。

 

これがソウルメイトの意味です。

肉体を越えて、前世から現世、現世から未来へと、

輪廻転生を繰り返しても再び出会う魂のつながりのことです。

 

そして、

 

ソウルメイトとは、魂の成長や進化のため、

お互いが深く学び合う者同士であると言いますがその出会いは一瞬であったり、

ときにはカルマメイトと呼ばれるどうしても憎みあってしまう場合もあります。

 

今回は、ソウルメイト、ツンソウル、ツインフレーム、カルマメイト、

そして運命とは、宿命とは何か?について触れていきたいと思います。

 

(前回は、劣等感の強い人の自分の価値観を発見して比べず楽になる克服法にて、

劣等感が強いと感じる人は、実は正しく自分を見つめることで克服することができ、

そのための自分の価値観の発見の仕方について僕自身の経験を交えて紹介しました。)

 

 

1、ソウルメイトとは

 

ソウルメイトとは上記でご説明した通り、

 

「魂の友」という意味です。

 

学校や職場など、妙に馬の合う人と出会った経験はありませんか?

たとえば、最初は遠慮しあっていたとしても、

お互いを知っていくうちに段々と打ち解け合ってきて、

 

妙に歯車がかみ合うように、息がピッタリでお互いの時間を共有しあえる仲です。

 

何か、不思議な空間に包まれたかのような状態です。

僕の経験上では同性同士、つまり友達関係がほとんどのように思います。

このような友達関係になると、わりと数日間一緒にいても楽でいられます。

 

なぜなら、

 

お互いに、自然体でいられるからです。

 

そして、

 

お互いにそれぞれの何らかの理由で、物理的には離れてしまうのですが、

心の中では、常にその友達の存在感が生き続けていて、

気が向いたときに、気兼ねなく電話することも可能な関係だと思います。

 

 

2、ツインソウルとは

 

ツインソウルとはソウルメイトとは異なり、

 

「魂の片割れ」という意味です。

 

これはどういうことかと言うと、

もともとはひとつであった魂が成長して進化を遂げるため、

この世に生まれてくるときに、ふたつに分かれたと言われています。

 

ツインソウルの特徴として、

出会った瞬間は、どこか懐かしい・・・

まるで昔生き別れた家族にやっと再会することができたかのような、

初めて会ったにも関わらず、昔から知っているかのような感覚です。

 

そんな理由から、

 

ツインソウルでは「出会う」というより、

「再会」という表現の方が合っているのかもしれません。

 

基本的には異性同士なのです。

ですが、運命の人とも呼ばれるツインソウルに再会するには、

 

自らの使命に気づいて、自らの魂を成長させること。

 

このことが再会するための条件となっています。

自らの使命なんて聞くと「無理かも・・・」なんて思えてきそうですね。

そんなに難しく考えず、

 

自分の好きなことに素直になることが大切です。

 

とは言え、自分の好きなことに素直になることも、

ときには勇気が必要な場合だってあるくらい重要なことです。

 

 

3、ツインフレームとは

 

ツインフレームとは聞きなれない人もいるかもしれません。

 

「双子の炎」という意味です。

 

何だか、よけいに訳の分からない感じになってきましたね。

「魂」というものを少しイメージしてみてくだいさい。

この魂には、尾びれのような炎がついていますね?

この尾びれのことを「フレーム」と言います。

 

そして、

 

この「ツイン」と呼ばれる表現には「双子」という意味があり、

 

ツインフレーム = 双子の炎

 

と呼ばれています。

ツインフレームとは、ソウルメイトのより深いつながりを意味します。

価値観、感覚、思考、自分の信じていることも含め、

ほぼすべての精神状態が一致していると、ツインフレームとなります。

 

フレームとはオーラの意味でもあり、内側から出る精神エネルギー、

つまり自分のオーラが非常に似ていることから、そのように言われています。

ふたつの炎が同じ動きをしているイメージすると、分かりやすいかもしれません。

 

ただし、

 

精神状態によってはネガティブなツインフレームを引き寄せるなど、

精神状態に深く関係するだけに、お互い足を引っ張る場合もあります。

ソウルメイトと出会うときに、このようなパターンもあるということです。

 

 

4、カルマメイトとは

 

カルマメイトとはあまり良い響きには感じられないと思いますが、

 

「前世のどこかで傷付けてしまった相手」という意味です。

 

そのため、現世で出会ってしまうと、

最初は、すごく息が合う仲の良い関係だったのが、

次第に相手の悪い部分が許せなくなってきたりして、

お互いの関係性が非常に悪くなっていきます。

 

ですが、

 

前世の記憶なんてあるはずもないので、

お互いになぜ仲が悪くなってしまうのか分からないのです。

 

ただ、一方的に悪いイメージが先行しがちですが、

カルマとは「業」という意味があり、

そこに「修」をつければ「修業」という言葉になります。

 

そして、

 

この世で乗り越えられない試練は与えられないと言われるように、

もしカルマメイトと出会っているのなら、この「修業」を通して、

自分は本当はどうしたいのか?を考える時期なのかもしれません。

 

 

5、運命とは待つものではなく変えること

 

「私は運命の人を待つ・・・」

 

なんて思っている人は多いかもしれません。

運命とは「運ぶ命」と書き、自らが変える意識を持って運命と呼びます。

 

それとは反対に「宿命」というものがあります。

宿命とは「宿る命」と書き、生まれながらにして定められたことを意味します。

たとえば、親兄弟や生まれた環境など、生まれたときには既に宿っていることです。

 

あなたが運命の人に出会いたいという本気で思うのなら、

自らが運命の人に出会うために変わっていかなければいけません。

 

だからこそ、

 

ツインソウルでは、再会する前に試練が訪れると言われています。

では、運命の人に出会うためには、どう変われば良いのでしょうか?

 

それは、

 

自分の本音に素直になって生きること。

自分が本当は、どんな生き方がしたいのかに素直になること。

 

ただ、それだけです。

運命を変えられることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ