シンプルライフ!片付けた部屋をリバウンドさせない5つの知恵

スポンサーリンク

シンプルライフ!片付けた部屋をリバウンドさせない5つの知恵

 

整理整頓をして綺麗に片付いた部屋になっても、

部屋の状態をキープできなくては、リバウンドしてもとの状態に戻ってしまいますね。

こればかりは断捨離を行い、シンプルライフを実現しても油断はできないのです。

 

なぜ、部屋を片付けてもリバウンドしてしまうのでしょう。

もとの状態に完全に戻らないにしても、

片付いた状態をそのままとどめておくことは困難なものです。

 

「ああ、また部屋を片付けないといけないな・・・」

 

面倒な気持ちと、気だるさが腰を重たくして、

また片付けのためのエネルギーを注がなければいけない。

ホントにそのままの状態をキープすることは大変なことです。

 

そして、

 

本来は部屋を片付けたなら、そこからが重要なのです。

多くの人は「片付け」というところに意識が偏ってしまい

部屋を片付ければそのままにしてしまいます

 

綺麗な状態をリバウンドさせないよう、どのようにキープさせ続けるか。

 

実はこのことが重要なのです。

 

(前回は、心の整理整頓のコツ-シンプルで簡単な自己管理をする5つの処方箋にて、

モノの整理整頓と同様に心の整理整頓も大切で、そのための具体的な考え方をお伝えしました。)

 

 

片付けた部屋をリバウンドさせないためには?

 

片付いたあとのリバウンドのメカニズムは、

気持ちの油断とともに少しずつ現れてくるのが特徴です。

 

「面倒臭いなぁ」や「ま、いいか」など、

もとの場所に納めることへの手間が原因なのです。

 

つまり、

 

リバウンドしてしまうのは「戻しにくさ」が主な原因です。

 

出したままになりやすいところはありませんか?

ここは、部屋を片付け方のコツとは、別の話になってきます

次に、シンプルライフのスタイルにも欠かせないリバウンドしない知恵をご紹介します。

 

 

1、収納に余白をつくる

 

要するに収納するときは詰め込まず、適度にスペースを設けることです。

ついつい収納するとなると、綺麗に詰め込んでしまいたくなりますね。

 

そうなると、

 

今度は、取り出すときがむずかしくなってしまいます。

空いたスペースはそのまま心の余裕を生み、

出し入れするときの面倒な気持ちを軽減させてくれるでしょう。

 

 

2、動作はコンパクトに

 

なるべく出し入れの動作を少なくなるようコンパクトにしていきます。

良く使う物は、目線から腰をかがめなくて良い高さに。

 

また、物をしまうことばかりに意識がいきすぎて、

物をしまわないという選択肢があるということも大切です。

 

動作はなるべくコンパクトにするため、

出しっぱなしの状態でも見栄えをよくするために、

トレイやカゴを用意して、散らかり防止するもリバウンドしない知恵のひとつです。

 

 

3、収める距離も適切に

 

収めた場所への距離が遠いのもまた、リバウンドのきっかけになります。

使うときは、多少は不便と感じてしまうところであっても問題ありませんが、

使い終わったあととなると、その不便さが億劫になってしまいます。

 

なぜだか分かりますか?

使うときは「今すぐ必要」なので不便さを押し退けられますが、

 

しまう動作そのものは「今すぐ必要」なことではないからです。

 

ぼくたちは緊急性のある重要なことへは、行動を起こしますが、

緊急性のない重要なことは、行動できないものなのです。

シンプルによく使うものは目で見える、手の届く範囲にとどめましょう。

 

 

4、単純さを取りいれて快適に

 

掛ける、吊るす、置く、入れるだけで済むようにすることが、

頻繁に出し入れする物においては重要です。

 

これは、書斎、寝室、リビング、キッチン、バスルーム、玄関、洗面所、トイレなど、

すべてに共通するリバウンドしないための基本的な知恵です。

 

できるだけシンプルにコンパクトに。

 

必要なものを必要な動きだけに最小限にとどめ、快適なシンプルライフにしていきましょう。

 

 

5、短い時間で終われるようにする

 

下駄箱でもちょっと手を伸ばさないといけない場合、

それが僅かな時間差となり、面倒と感じてしまいます。

面倒だと感じれば、下駄箱に靴を収めることをしなくなってしまいます。

 

生活のありとあらゆることが、サクッと行えるよう工夫することが、

心地の良い快適なシンプルライフなのです。

サクッと行える動作なら、何も考えず簡単に続けられますね。

 

 

リバウンドしないコツは、よく使う物への対策

 

あなたもお気付きかもしれませんが、

今回ご紹介した内容は、そのほとんどがよく使う物に焦点が当てられています。

 

それだけに、

 

よく使う物への対策を考えることが、

そのまま片付けた部屋をキープさせることに繋がるのです。

 

今、あなたの部屋のよく使う物は、どのように扱っているでしょうか?

 

日々の生活を見直すには、具体的にどうするのかを考え、

実生活の中に取り入れて、維持するためにより快適になるよう考え続けることです。

 

そして、

 

この考え方が生活の仕方以外でも生かせられるようになります。

実生活によって身体に染み込ませた知恵になれば、

どんなことも、以前の自分と比べてもの事が起こしやすいはずです。

 

知恵のあるシンプルライフを実現できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ