シンプルライフ!持たない暮らしとお金の関係

スポンサーリンク

シンプルライフ!持たない暮らしとお金の関係

シンプルライフ持たない暮らしとお金の関係~

シンプルライフの暮らしはいらない物を捨て、

必要な物だけを厳選して生活するため、

自然とお金を節約することもできると思います。

しかし自分が納得できるほどお金を節約できていない人もいるかもしれません。

そこでひとつの情報をお伝えしたいと思います。

それはお金持ちのお金に対する習慣です。

あなたのシンプルライフに、

お金持ちの習慣をプラスすることで、

より快適で豊かな生活を実現できるかもしれません。

ぜひ参考にして頂きたいと思います。

(前回の記事、シンプルライフ!持たない暮らしとは?

 

財布の中身がすっきり

「お金がない」

と言う人に限って財布の中身を見てみると、

お金以外の不要な物がたくさん入っていることにお気付きでしょうか。

財布はお金が入るためのものです。

その財布にお金以外の不要な物を入れることはお金をないがしろにしている証拠かもしれません。

まずお金が欲しいと思う自分の心を素直に認めて、

財布の中身をすっきりしてみてはいかがでしょうか。

・お札の向きを揃えて千円、五千円、一万円と分けて頭を逆にして入れる

・レシートは入れない

・カード類は個別にカード入れを所有する

・財布は丁寧に扱い長財布にする

僕も実践しています。

確かに特に最近はお札が去年より多く滞在してくれています。

 

 

靴の手入れは抜かりなく

よく

「お洒落は足元から」

「できる人間は足元から違う」

と言いますね。

そして僕の経験ですがさりげなく女性は男性の足元をチェックしている人もいます。

簡単でも構わないので靴磨きの道具を取り揃えておくと良いと思います。

そして以外と靴のつま先の中にはたくさんの誇りが溜まります。

足の健康も考えると外面だけでなく中も手入れすると良いかもしれません。

 

 

親しい人にお金を使う

親しい人へのプレゼントや食事に招待してあげることは、

あなたもご存知の通り意外と気持ちが満たされるものですね。

人に喜んでもらえることは幸せなことだと思います。

この「与える」という行いを大事にすると良いと思います。

 

 

お金の話をする

お金に対して卑しいなどの気持ちがありませんか?

あまりお金の具体的な話はするものじゃないと思っていませんか?

それは単なる思い込みに過ぎません。

お金の話を堂々とできるまでいかなくても、

お金の話をするときはせめて素直であるべきです。

お金のことをしっかりと見つめることができている人、

お金のことを素直に好きだと認めている人ほど、

お金が貯まりやすいです。

脳は痛みを避ける性質があるので、

お金 = 嫌の存在

として捉えていると、

脳の機能からみてもお金が逃げていくようです。

 

 

自己成長へ投資

自分の成長にお金を使うべきです。

しかし成長には必ず忍耐が問われるときが来ます。

このことだけはしっかりと頭に入れておかねばなりません。

ですが、

この忍耐の時期を乗り越えると、

輝かしい未来が待ってますよ!

自分を信じてゆっくりでも歩み続けることが大切です。

 

 

質素な暮らし

お金の使い方でタブーなのが、

自分の見栄でお金を使うことです。

そのようなお金の使い方は「浪費」と言います。

お金は自己投資に使って浪費を減らすことです。

だからこそシンプルライフで持たない暮らしをするのです。

シンプルライフが如何に大切であるかお分かり頂けたでしょうか。

 

 

食事はしっかり摂る

特に朝と昼はしっかり摂るべきです。

食事は体に直接取り込むものなので、

脳や体に直接影響してきます。

そしてどんな病気も必ず引き金が存在するので、

しっかりと健康的な食事をすることは豊かな人生を送るためにも必要なことだと思います。

お金を稼ぐことお金を貯めるためには健康でなければいけませんね。

そして健康を維持することは簡単なことではありません。

それは体と心は繋がっているからです。

 

 

まとめ

お金持ちが如何にお金のことを考えているか、

お分かり頂けたでしょうか。

お金の使い方の基本は、

「浪費を止めて投資に使う」

です。

浪費は見栄でお金を使うことです。

自慢したい気持ちやカッコつけたい気持ちを諦めなければいけません。

そして、

自分の成長のために覚悟してお金を使います。

このようにお金と向き合うことで、

きっとあなたの人生はより良くなっていけると思います。

あなたのシンプルライフがより洗練されていくことを心より祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ