無気力感から心地の良い脱力感へ-不要な物を捨てる技術

スポンサーリンク

無気力感から心地の良い脱力感へ-不要な物を捨てる技術

 

あなたは無気力感のある生活から抜け出したくありませんか?

何もやる気が起きない。

朝起きると会社に行くのが辛い。

部屋の中を片付けないといけないけど面倒だ。

このように無気力感が強くなるとやるべきことさえ嫌になってしまいますね。

そんな精神的に落ち込んでいるときに無理やり行動するのはおすすめではりません。

それは大きなストレスとなります。

 

どうせ力が抜けた状態ならば、

逆にその状態を利用してしまう方が得策かもしれません。

もし代わりに心地の良い脱力感を味わうことができるとしたら?

いかがでしょうか。

物事への取り組み方にも良い変化がありそうな気がしませんか。

今回は、

シンプルライフの不要な物を捨てる技術で心地の良い脱力感へ変える方法をお伝えします。

(前回の記事、続けることに意義がある!21日間で習慣を定着させるシンプルな6つのコツ

 

 

心のゴミ屋敷を卒業しよう

 

あなた整理整頓や掃除・片付けが得意でしょうか。

仕事から帰ったら、

台所には洗い物が溜まっていたり、

大きくいっぱいになったゴミ袋がゴミだしの日を待っていたり、

テーブルにはカップめんの空や給料明細やハガキが占領していたり、

それはまるで、

積み上げて倒れたジェンガのようです。

 

家に帰ってどんな気持ちになりますか?

家の扉を開けて部屋の中に入ったときの気持ちをよく観察してみてください。

そして、

もしあなたがデザイナーズマンションのような綺麗で整った部屋にいるとしたら、

どのような気持ちになれると思いますか?

きっと、

 

「このままで良いのだろうか…」

 

なんて気持ちにはならないですね。

部屋の中がゴミ屋敷状態であるなら、

同時に、

ネガティブな感情に支配された心のゴミ屋敷状態となっています。

 

 

不要な物を捨てるとエネルギーが沸いてくる

部屋の中をすっきりとした状態にすることで、

本来のエネルギーがよみがえってくるようです。

 

心の中は常にシンプルでクリーンに、

そうなると、

選ぶ余裕、考える余裕ができる、

時間や体力の無駄遣いが減る、

エネルギーをひとつのことに集中できる、

物事の継続力が養われる、

不要な心の悩みが減る、

気持ちの切り替えもスムーズになる、

今までと比べて冷静に対処できるようになる、

恐れに支配されず優しさや思いやりを持てるようになる、

このような心の状態へと変化することができます。

 

最近、無気力感を感じるようになってきたと思うなら、

 

「心の中の不要なものをすてなさい」

 

というシグナルです。

 

 

無気力感の正体は?

 

あなたを無気力にする正体とは何なのでしょうか。

部屋の中にある不要な物、

それらひとつひとつが正体のようです。

 

使っていないもの、

壊れているもの、

腐っているもの、

邪魔なもの、

気持ちを落ち込ませているもの、

納得せず仕方なく使っているもの、

飽きてしまったもの、

余剰なもの、

汚れているもの、

まだ捨てられていないゴミ、

 

あなたは上記から不要な物がどのくらいあると感じましたか?

もしかしたら不要と分かっていて残している物はありませんか?

これらがあなたの人生の歯車を狂わせているのかもしれません。

 

 

無気力感はあなたの心に潜伏して育つ

 

部屋の散らかっている状態は、

本人は意外と気にしないようです。

ですが、

それがとても危険なことなのです。

なぜならば、

不要な物というのはいきなり降って湧いてくるわけではありません。

少しずつ時間をおいてジリジリとあなたの空間を侵していきます。

それはまるで体をむしばむ病のようです。

気付いたときにはとんでもない事態になっていた。

ということになりやすいのです。

 

「自分は大丈夫だ」

 

普段からこのように思う人に限って注意が必要です。

 

 

8:2の法則で運気を上げる物を集める

 

8:2の法則について聞いたことがあるかもしれません。

これは、

 

一般的には売り上げの8割は、2割の大型顧客によってもたらされている。

成果の8割は、密度の濃い2割の時間で生み出されている。

組織の8割は、2割の優秀の人間によって機能している。

 

このような法則です。

これをあなたの生活に取り入れていきます。

どういうことかというと、

 

あなたの生活に本当に必要な物は全体の2割なので、

残りの8割はどうでも良い物として捨ててしまうのです。

 

物を捨てるときの基準、

物を新たに部屋に入れるときの基準は、

次のように考えます。

 

「これは私の8割の幸せを生み出す2割に入っているだろうか?」

 

この判断基準を軸として、

捨てるかどうか、入れるかどうかを決めてみると良いと思います。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

あなたを無気力にしている正体がお分かり頂けたでしょうか。

そして、

どのように物を選んで良いのか、捨ててよいのか。

その判断をするための基準があれば行動しやすいと思います。

そうすることで無気力感から心地の良い脱力感へと、

更には幸せな感覚を味わえると思います。

ぜひシンプルライフの生活を取り入れてみてください。

あなたの心がより充実していけることを心より祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ