後悔しない人生を送るために心掛けておきたい5つの知恵

スポンサーリンク

後悔しない人生を送るために心掛けておきたい5つの知恵

 

後悔しない人生を送りたい・・・

誰もが思うことだと思いますが、

では、どうやって後悔しない人生を送ると良いの?

ここに具体的な考え方があれば、納得のいく生き方ができます。

 

人生は分かれ道。

 

これは、誰もが聞いたことのある言葉ですね。

人生において分かれ道と言われる「迷う」瞬間はたくさんあります。

 

それは、

 

日常で起こるごく小さなことも含め、

人生そのものを大きく変えるようなことも含め、

 

毎日が分かれ道ということです。

 

小さなことは、たとえ失敗したとしても良いのですが、

たとえば、結婚する相手や仕事を辞めたり転職したりするとき、

このような大きな決断をするときは、とても勇気が必要になってきます。

 

今回は、後悔しない人生を送るために・・・

をテーマに僕がピンときたものを紹介したいと思います。

ぜひ、あなたの決断にお役立てください。

 

(前回は、ソウルメイトとは?運命の意味を考える5つのことにて、

ソウルメイト、ツインソウル、ツインフレーム、カルマメイトの意味とは?

そして、運命とは何か?宿命とは何について紹介しました。)

 

 

後悔するときとは?なぜ後悔するのか?

 

人が後悔するときってどんなときなのでしょうか。

 

それは、

 

「あのとき、○○していたれば・・・」

「もっと○○してあげていればよかった・・・」

「どうして○○しなかったんだろう・・・」

 

このように、やって後悔するよりもはるかに、

 

やらずに後悔することの方が、圧倒的に多いのです。

 

後悔にも良い後悔と悪い後悔の2つが存在することをご存知でしょうか。

 

  • 悪い後悔とは、後悔して悩んでしまうこと。
  • 良い後悔とは、そこから「反省」して今後につなげていくこと。

 

この2つの違いです。

さらに後悔する理由は、選んだ道に心から納得できないからでもあります。

では、心から納得できる道を選ぶにはどうすると良いのでしょうか?

 

 

1、すぐやる

 

「すぐやる」と聞くと、

 

「よし、じゃあ今から早速はじめよう!」

 

と、僕たちは思ってしまいがちです。

確かにそれも正解ではあるのですが、もっと大切なことがあります。

 

それは、

 

1つのことを期限を決めて取り組むという姿勢

 

ひとつのことなので、すぐにできます。

期限を決めているので、すぐにやる必要があります。

 

何をしていいか分からないのなら、今の自分にできることからはじめる。

それを毎日繰り返していくうちに、できる範囲が広がり2つ目3つ目ができる。

その中から優先順位を決めて取り組むと、良い人生を送れます。

 

 

2、やめる

 

欲しいものがあるのなら、今やっていることをやめることです。

 

あなたは、何を手放す必要があると思いますか?

そしてそれは、本当に望んでいるもののためになっていますか?

 

そうは言っても、

やめるとは具体的に何をやめれると良いのでしょうか。

 

たとえば、

 

  • 帰ってテレビを観る時間をやめて、トレーニングをする。
  • 朝7時に起きていたのをやめて、5時に起きてブログを書く。
  • スマホでゲームするのをやめて、将来に必要な本を読む。
  • 同僚と居酒屋でグチをこぼすのをやめて、ネットで情報収集をする。

 

やめることを決めるのも大切です。

やめることを「執着を手放す」と言います。

 

 

3、明日がいつも通りと限らない

 

僕たちは、毎日同じ時間に起きて、同じ1日を過ごして、同じ時間に寝ます。

これは、毎日は同じことの繰り返しのように錯覚してしまいがちですが、

実際のところはそうではありません。

 

そして、

 

あなたも何となくは感じているのではないでしょうか。

 

自分が望んでいなくても、ある日突然に何かが起こることはあります。

どんなアクシデントに見舞われるかなんて予測はできません。

 

それなのに、

 

やりたくもないことに、迷いのあることに、

そんな人生を費やすことに、一体何の意味があるのでしょうか。

 

臨終を迎える多くの人はこう言います。

 

「もっとやりたいことをしておけばよかった・・・」

 

 

4、自分の役割

 

あなたは、自分がなぜこの世に生まれてきたのか、

その問いにたいして、明確に答えることができますか?

 

自分の役割とは「ミッション」であり「使命」です。

自分がなぜ、この世に生まれてきたのか?

それを見つけて、それに従って生きることが後悔しない人生です。

 

今の世の中は、先人の思いが受け継がれて形づくられていると言えます。

 

あなたは、誰と過ごしてどんな毎日を送りたいでしょうか?

 

僕たちは、自分のためだけだと頑張る力は弱いですが、

人のためとなると強い力を発揮することができます。

 

日本中の母親を家事から解放してあげたい

松下幸之助

 

 

5、感じることを大切に

 

生きる目的・使命に気づくにしても、

人生の分かれ道で何を基準に決断するにしても、

 

大切なのは、

アタマで考えるのではなく、感じることを大切にすることです。

 

「自分の生き方は、これなのかもしれない・・・」

 

このように心の底から腑に落ちて、

心に掛かった霧がきれいさっぱり晴れるようになる瞬間は、

 

必ず、肌で感じているからではないでしょうか。

 

ハッと、気付かされる瞬間というのは、いつも身体の感覚で感じるものです。

それだけ、感じることの方が重要だと言えます。

 

なぜなら、

 

人の潜在的な答えは、感じることで自覚できるからです。

 

 

後悔しない人生を送るためにしっかりと悩む

 

悩んでいるときは、もうすでに心の中では決まっていて、

誰かや何かの出来事で背中を押してほしい場合もあります。

要するに行動を起こさせるきっかけ待ちです。

 

悩むということは、それだけ真剣なのだと思います。

真剣に悩んで悩んで、頭も心もフル動員させて、

答えがなかなかでなくても、ずっと悩み続ける。

 

そして、

 

もし選んだ道がダメであっても、そこでやり直せばいい。

 

たったそれだけのことのように思います。

そう思うと、わりと気持ちが楽なのかもしれません。

後悔しない人生を送れることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ