ハイヤーセルフとはどんな意味?シンプルに3分でお伝えします

スポンサーリンク

ハイヤーセルフとはどんな意味?シンプルに3分でお伝えします

 

あなたは「ハイヤーセルフとはなに?」と疑問を感じているかもしれません。

ハイヤーセルフとは、どんな意味があるのでしょうか?

少しでも分かりやすくシンプルに解説してみたいと思います。

 

そもそもハイヤーセルフとは、どこからきていのでしょうか。

 

それは、

 

スピリチュアルの世界でよく使われる言葉のようです。

そしてその意味は、自分の全ての転生を司る高次の自己であり、

高い次元から自分の全てを見通しているとても賢いもう一人の自分ということです。

 

言い換えると、

 

潜在意識と呼ばれるもう一人の自分ということです。

 

僕たちが意識して見る、聞く、感じるこの世界は顕在意識で認識しています。

顕在意識が脳の中で占める割合は約3~10%程度と言われています。

 

一方で、

 

潜在意識と言われる無意識の領域は、脳の全体の約90~97%程度と言われています。

 

お分かりいただけるでしょうか。

もう一人の自分は、今の僕たちの90~97%も支配しているのです。

 

たとえば、

 

心臓や胃などの各種臓器をはじめ身体のありとあらゆる機能は、

自分の意志で動かしているのでなく、いわば全自動です。

ではそれは何によって動かされているのかと言うと、潜在意識でありもう一人の自分なのです。

 

(前回は、本当に優しい人の特徴-「イイ人」とは根本的に違う優しさにて、

本当に優しい人とは、自己犠牲からくるものではなくどういう自分であることが大切なのについてお伝えしました。)

 

 

ハイヤーセルフとは、高次元の自分

 

ハイヤーセルフとは、自分を高い次元から見通しているもう一人の自分です。

日常生活の中でこんな経験をしたことがありませんか?

 

「ああ、今日はダメだったなぁ、でもまあいいか!」

「あんなことしてしまったけど、誰も見てないから大丈夫!」

 

それでも、

 

他人は見ていないとしても、高次元の自分はしっかりと見通していているのです。

このように自己中心的な行動もしっかりと監視しており、

ときに身体の感覚を通してメッセージを送ってくるときもあります。

 

 

ハイヤーセルフとは、輪廻転生しても同じ

 

ハイヤーセルフとは、あなたの「魂」そのものと言われています。

 

ハイヤーセルフ = 魂

 

という意味において、肉体がいくら輪廻転生したとしてもハイヤーセルフは変わりません。

では、輪廻転生とはどういう意味なのでしょうか。

あなたはただシンプルに「生まれ変わる」と認識しているかもしれません。

確かに生まれ変わるという意味は正しい認識だと思います。

 

ですが、

 

輪廻転生とは、より高次の魂になるための学びとして、

学びに適した時代や環境、そして肉体条件のもとに生まれ変わって、

この世で様々な実体験を通してさらに魂を磨いていくことなのです。

 

なので、

 

魂には終わりはありません。

 

そして輪廻転生はハイヤーセルフが必要に応じて肉体を選んでいると言われています。

そうなると、今の自分は成るべくして存在しているということではないでしょうか。

 

 

ハイヤーセルフとつながるには?

 

ハイヤーセルとつながるとどうなるかと言うと、

シンプルに迷いのない本来の道を歩むことができるようです。

 

「自分の道はこれしかない!」

 

心の中で何かが決断したような、自分の中で「これ!」っていうものに出会うこと。

それが、ハイヤーセルフとつながるということになります。

 

ハイヤーセルフとつながるには、自分の価値観を知ることです。

自分が何を一番大切に思っていきているのか?

そんなことをもう一人の自分と向き合いながら答えを見つけていきます。

 

もう一人の自分・・・つまり、潜在意識と向き合うということは、

 

日常の全ての出来事にたいして、自分の身体の感覚に意識を向けるということです。

 

ですが、

 

普段、僕たちはそんなことを意識的に行っていないので放置状態になっています。

その変わりに一生懸命、頭で「思考」するという習慣が身についています。

 

考えることをあきらめて、感じることに徹することです。

 

ただ、ただ感じること。

 

それが、ハイヤーセルフとつながるには重要なことなのです。

 

 

ハイヤーセルフとコミュニケーションをとる

 

実はハイヤーセルフから、

あなたに向けてメッセージを送ってくれていることをご存知でしょうか?

先ほど、ハイヤーセルフとつながるには身体の感覚に意識を向けることと言いましたね?

 

ただ、ただ感じること。

 

それは、ハイヤーセルフから送られてくるメッセージを受け取るためでもあるのです。

 

それは、どういうことかと言うと、

もう一人の自分・・・つまり潜在意識は「感覚」が言語の役割を果たしているからです。

 

よく「身体で覚える」と言いますね?

 

潜在意識の世界には、言語は存在しないのです。

記憶には短期、中期、長期と3つに分かれています。

その3つ目の長期記憶には潜在意識に落とし込まれ、感覚として身体に刻まれます

 

なので、

 

無意識に身体を動かすことができるのです。

 

運転免許を取る際に、はじめてハンドルを握るときのことを思いだしてみてください。

一生懸命にシフトの動かし方、ハンドルの切り方、サイドミラーの確認などを行います。

 

しかし、

 

毎日運転していれば免許を取得して半年もしないうちに、

何も考えず、当たり前のようにハンドルを握ってしまいます。

 

身体で覚える = 感覚で覚える

 

いかがでしょうか。

これだと、しっくりときませんか?

 

ハイヤーセルフとコミュニケーションをとるには、

 

感覚に意識を向けて、自分の本音と向き合うことが大切なのです。

 

 

ハイヤーセルフとは魂の成長

 

僕たちは、肉体を通して学び、人格を成長させていきます。

それは同時にハイヤーセルフも学びながら成長することになります。

 

ハイヤーセルフとは「魂」そのものなので、

僕たちが肉体を通して学ぶことが、直接「魂」の成長と深く関わります。

 

なので、

 

大切なのは、自分は本当はどうしたいのか?という本音を無視しないことです。

それは「魂」そのものであるハイヤーセルフの成長とは逆の行動を意味します。

 

本音を隠してガマンし続けて生きてませんか?

自分にムリして耐え続けていませんか?

 

そして、

 

「そうしなければ生きていけない」と思い込んでいませんか?

 

今の自分にできることから少しずつ。

それが「魂」の成長だと思います。

あなたの人生の霧が晴れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ