別に片付けなんてしなくてもいいんじゃないの?

スポンサーリンク

別に片付けなんてしなくてもいいんじゃないの?

 

片付けられないことに悩んでる人って意外と多いようです。

そんな時って片付け”なければいけない”と心の中で思っていて、

片付けられない自分を自己否定しているケースがあります。

 

そこで片付ける方法に頼ってしまう人もいる一方で、

自分の内面の問題に気付いている人でも上手くいかなかったり・・・

結局、どうすれば自分の思う通りにできるのでしょう。

 

別に片付けなんてしなくてもいいんじゃないの?

別に片付けなんてしなくてもいいんじゃないの?

 

できる人は意識が全く違います。

 

人生を変える手段がたまたま捨てることだった

 

あなたは身の回りの物を片付けることで、

それによってどうなっていけると思っていますか?

 

僕が30代前半くらいだった時、

思い切って部屋の95%以上の物を捨てたことがありました。

当時はまだサラリーマンだったので毎週土曜のゴミ処理場に運び、

3ヵ月くらい掛けてやってたことがありました。

 

勿論、途中で決断が緩んでしまうこともありました。

自分は何をやっているのか迷うこともあれば不安もありました。

けど気持ちが揺れながらも最後まで完了させられた理由は、

 

人生を根本的に変えたかったから

 

ただそれだけの思いでやってきたんですね。

それだけうだつの上がらない劣等感の人生を送ってました。

こんなことを言うと無駄な人生はないと思うかもしれませんが、

 

無駄のままにするかどうかは自分次第なのです。

 

自分の本音で望んでいる生き方に変えることができた時、

あの時のあの辛い出来事があったから今があると思えるのは、

その当時の自分を否定して変えていこうと決断したからで、

実は上手く自己否定できない人は人生を変えられません。

 

例えば「大丈夫!何とかなる!」という言葉は、

一見するとプラスに感じられるし受け入れやすい響きですが、

人間とは自分の都合が良いように解釈してしまう生き物です。

 

そもそも現状を維持したいという本能があるので、

現状維持の為の解釈の仕方をして自分に甘えてしまう訳です。

それだとこの先も永遠に自分を変えることは不可能です。

 

結局何が言いたいかと言うと、

部屋を片付けたいというのはそこだけ焦点を当てても、

大概は上手くいかないケースが多いということです。

 

それよりもっと包括的に人生レベルで考えて、

その為の手段として片付けを選んだ人は上手くいってます。

なぜなら目的意識がかなり明確になっているからです。

曖昧で焦点が合ってないとどうしてもブレる訳です。

スポンサーリンク

 

性格に合わないことは結局のところ続かない

 

また性格的にも合わないことをやっていると、

結局それがストレスとなって心を蝕む原因となります。

 

現に片付けないといけないと思いつつもいつまでも出来ないのは、

それ自体が脳の何%かを占領されてしまっている状態になります。

意識が囚われることで健康な思考も損なわれ兼ねないのです。

 

もし片付けることが性格的に合ってないと感じるようなら、

潔く諦めて考え方を切り替えるということも必要です。

 

これは何も片付けることを諦めるというのではなく、

前述したように人生レベルで目的意識を見出すことができれば、

意外とあっさり感じていた壁をすり抜けたりできるものです。

 

ただスッキリしたいからやってるだけ

 

僕は今でも部屋の中は物がありません。

自分の中では当たり前の感覚ではあるんですが、

他人が見るとどうやって生活しているのかと思うくらいです。

実際に僕の友人が部屋に遊びに来た時にそう言ってました。

 

じゃあなぜ何年も経過しているのにリバウンドしないのか?

部屋を片付けても多くの人が元に戻ってしまうことが多いですが、

ここも継続できる人とできない人との違いがあるのです。

 

それも目的意識の違いなだけです。

 

要するに片付けてお終いという訳ではないからです。

片付けてからその先があるというかスタートする意識です。

よく聞く満足したらそこで終わりというやつです。

 

けど今の僕はどっちかというとスッキリさせたいだけです。

最初こそ動機は人生を変えたいという強い思いでしたが、

今はただスッキリした状態が好きだから続いてるだけです。

 

そこは結局のところ性格的なものだと思っています。

そもそも続けるとかそういった感覚は全くなくて、

これが当たり前の状態でそうしないと気持ち悪いのです。

なので友達の部屋を見ると片付けたい衝動が湧いてきます。

 

「よくこんな状態で生活できるな・・・」

 

と思うくらい圧迫感を抱いてしまうのです。

もうこうなったら性格的な要素が強いなと思ってます。

 

本気の人は思い切って捨てられる

別に片付けなんてしなくてもいいんじゃないの?

 

ここまであれこれと話をしてきましたが、

要するにできる人は主に2つに分かれると思います。

 

  • 目的意識が明確で高い人
  • 性格的に合っている人

 

この2つのうちどちらかで欠けているようなら、

たとえ片付けられたとしてもリバウンドしてしまいます。

 

それに本気の人は部屋を片付けるというよりは、

物を捨てるという根本的なところに目を向けて取り組みます。

 

片付けるというのは物を仕舞うというイメージです。

しかし捨てるというのは物をその場から無くすイメージです。

部屋をスッキリさせたいならどちらが根本的解決になるか?

と問われると間違いなく後者になるのは間違いありません。

 

ということで片づけがなかなかできないという悩みに対して、

本気じゃないなら別に片付けなんてしなくていいんじゃないの?

ということで今回の話は終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ