シンプルライフを楽しむための暮らしのデザイン5つの秘密

スポンサーリンク

bright black and white living room with fashion armchair

 

余計なモノはすっきりと片付けられたなにもない空間。

自分の好きなモノだけに囲まれたワクワクする部屋。

そんなシンプルライフに憧れませんか?

 

自分の暮らしを自由にデザインできれば、

どれほど家に帰ることが喜びに感じるでしょうか。

たとえば引っ越したばかりの部屋は最初はなにもかもが新しく、

 

「これからどんな家具を入れようかな」

「アトリエのような趣味部屋にしたいな」

 

そんなワクワク感を抱くものだと思います。

僕も過去に2度ほど一人暮らしで引っ越したことがありますが、

これからはじまる新しい生活にワクワク感がありました。

 

もし今いる部屋をワクワクしてデザインできるとしたら?

 

それは部屋の模様替えをするときなんかがそうだと思いますが、

どうせやるならもっとワクワクする部屋にしたくありませんか?

暮らしを楽しむデザインについての秘密をお伝えします。

 

 

1、ただ部屋を片付けるのではなく未来を描くため

 

自分の思った通りの部屋にするって案外むずかしくありませんか?

イメージ通りの部屋にしようと思えば住む場所から考えてしまう・・・

そんな風に思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

さすがにいきなり引っ越しなんてできないけど、

とりあえず片付けをしてみようとする人は多いはずです。

だけどここで考えてほしいのは、ただ片付けるのではなく、

 

この先の未来にどんなモノを入れたいかを考えて片付けるのです。

 

よく捨てることにとことんこだわっている人もいるようです。

では先の未来にはなにを思い描いているのでしょうか。

そこにはワクワクするような暮らしはありますか?

少しだけ先の未来を描いてみてはいかがでしょうか。

 

 

2、なにを「やらないか」が大切

 

シンプルライフを実現するということは、

今まで生活の中でやっていたことを、

 

やらないと決めることです。

 

散らかった部屋になってしまっているのは、

散らかるような生活をしているのは言うまでもありません。

シンプルライフのようなすっきりとした空間を手に入れたいなら、

部屋がすっきりとするように自分からデザインすることです。

 

たとえば僕は楽することをやらないと決めて、

2年前からイスの背もたれを外して生活することにしました。

ブログを書くための机とイスに楽は必要ないと思ったからです。

 

あなたが自分の望む人生を実現するために、

なにをやらない必要があるでしょうか。

 

 

3、捨てる理由は細部まで意識をめぐらせるため

 

部屋の中の不要なモノを捨てることは、

ただ部屋をすっきりとさせることではありません。

 

その本質はすみずみまで意識が行き届いた状態にするためです。

 

クローゼットの中にしまい込んだ服を覚えていますか?

パソコンの中のデータをしっかりと把握しているでしょうか?

引き出しの中に忘れ去られた文房具が入りっ放しになっていないでしょうか?

 

これらは僕たちの本来の許容範囲を超えてしまっているモノなのです。

そのことに気づいて自分の分でシンプルにするのが暮らしのデザインです。

そうしなければ脳の中に不要なゴミが溜まり続けることになります。

意識では忘れても潜在意識ではずっと記憶しているからです。

 

 

4、だけど捨てることが目的ではない

 

項目1でも触れましたがただ捨てることだけに意識しても、

その先に未来を楽しむことがなくてはやる意味が半減します。

そうした人は大抵一時的に終わってしまうことになります。

 

仕事だって言われたことだけやって、

なんの味気もない退屈で無味乾燥な毎日なら、

転職してもっとやりがいのある仕事をしたくなりませんか?

 

人が行動する目的とは味わいたい感情があるからです。

 

新車が欲しい理由は、新車に乗ることで高揚した感情になるからです。

ケーキが食べたい理由は、おいしいという感情を味わいたいからです。

では部屋のモノを捨てることは、なにを味わいたいからでしょうか。

捨てることの意味を考えると後悔しない選択もできます。

 

 

5、とにかく思い切ってやってみる

 

僕たちはなにかをはじめようと思ったときは、

片足からそーっと安全かどうか確かめながらやりたくなります。

そうなると1塁ベースにいながら2塁ベースに足を伸ばそうとするのと同じで、

無理なことをして逆に苦しい思いをしてしまいます。

 

どこかで思い切ってやっていく必要があるのです。

 

仕事だって本当にやりたい仕事が見つかったのなら、

今やっている仕事を思い切って辞める覚悟が必要です。

部屋の片づけ、そしていらないモノを捨てることも、

思い切ってやってみるという気持ちが大切なのです。

 

思い切ってやる覚悟に至るまでにたくさん悩んでしまうと思います。

人はどんなに成長しても悩むものなのでいくらでも悩んで良いと思います。

だけど最終的には自分の納得できる選択ができるといいですね。

 

 

ワクワクする生き方をデザインする

 

僕は2009年頃に思い切って断捨離というものをしました。

当時は断捨離なんて知らず、ただ思い切りだけで、

部屋の中の95%以上はゴミ処理場へと持っていきました。

 

お陰さまでそれ以来、モノへの執着心はほとんどなくなりました。

モノを買い入れないので自由に使えるお金も増えました。

そして今では好きなバイクやスノーボードなど、

好きなモノに囲まれた暮らしをデザインしています。

 

世の中のほとんどの人は、

自分にとって本当に必要なものは何かを知らないと思います。

 

だからこそ一旦、部屋の中のモノを捨てることが大切なのです。

 

このプロセスを踏むことは、

あなたの望む生き方にも必要なことかもしれません。

 

シンプルライフを楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ