好きなことだけして生きていく自由奔放さが人生の鍵

スポンサーリンク

好きなことだけをすることに抵抗を持っていませんか?

好きなことだけして生きていく自由奔放さが人生の鍵

 

 

あなたが好きなことだけして生きていくことが、

結局のところ人生を変えることができるようです。

無理して好きでもない人と合わせていませんか?

無理して好きでもない人と付き合っていませんか?

そこは、ある意味わがままに、

自由奔放に好きなことに集中してみても良いかもしれません。

なぜなら、

時間とお金は限られているので、本当に大切なこどにだけに集中するためです。

自分の好きなこと、好きな人でなければ、

「深める」ことはできません。

そう思いませんか?

この深めるとは、一点に集中することです。

お金を上手に使うということは、

バランス良くお金を使うことではありません。

お金を好きなことに集中して使うことです。

なのでお金の上手な使い方はアンバランスです。

それがお金の増やし方です。

それを言い換えると、

好きなことだけして生きていく生き方です。

スポンサーリンク

とても自由奔放ですね。

この自由奔放という言葉の響き。

あなたはどう感じますか?

ストレスとは無縁のように感じませんか?

ストレス社会と呼ばれる時代を生き抜くには、

この好きなことだけして生きていく自由奔放さが大切なのかもしれません。

いかがでしょうか?

たとえば、

温泉を掘るにしても好きでなければやりませんね?

温泉を掘るには適当に掘るわけにもいきませんし、

硬いところを掘るわけにもいきません。

可能性があるところを時間を掛けて深く掘っていきます。

同じように、

好きなこと、好きな人にだけを集中して、

時間を掛けて深く掘っていきます。

深く掘って、

好きなことに詳しくなり、

好きな人との関係を深めていきます。

好きでないことは続きません。

好きだからこそ長く続いていきます。

そのことを知る必要があります。

浅く広い付き合いよりも、

実のところ深く狭い付き合いの方が価値があります。

深く付き合う親しい人がいるからこそ、

浅く広い付き合いもできるのではないでしょうか。

深い関係の人がいるからこそ、

他人と適切な距離感をつくれるのではないでしょうか。

それが広く浅くの本質だと思います。

あなたの好きな人はどんな人ですか?

 

好きなことだけに深く集中する

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ