大学生やサラリーマンの一人暮らしの節約術

スポンサーリンク

大学生やサラリーマンの一人暮らしの節約術

大学生やサラリーマンとして一人暮らしをはじめて節約に悩んでいませんか?

今のシーズンは新社会人や大学に入学などで、

新しい生活をはじめた人も多いと思います。

これまでいろんな準備に追われ、

「一息ついてゆっくりしたい」

と思われる方もいるかもしれません。

ですが引っ越しが終わってからが新生活のはじまりと言えます。

物事は最初が肝心と言われるように、

ここでどのような生活基盤を確立するかでこの先何年もの生活スタイルに強く影響してくると思います。

なのでここで一息ついたところでじっくりと今後のことを見据えて、

生活のスタイルの基盤を作っていくことが大切ではないでしょうか。

不可能と思える夢を実現するにも、

日常での生活をいかに変化させることができるかも鍵を握っていると言えます。

なぜならば外に出ると他人と接するので自分を装いますが、

家の中は他人が見ていないので自分の本音が出やすいからです。

この自分の本音と向き合うことが基盤創りとなると思います。

ここではそのひとつとして、

生活の仕方を節約の視点から簡単な3つの心得をお伝えしたいと思います。

食費の節約術

一人暮らしをして必ず節約のテーマに上がるのが食費です。

ですが基本的には食費は削らないのが一番だと思います。

なぜならば生きる基本として食べることは本能だからです。

人は本能に近いことであればあるほど変えることが難しいと言えます。

なので簡単なところで攻めていく方法として、

まず1日に使う食費を決めてしまいます。

できれば財布の中はその日に決めた金額のみを入れると良いでしょう。

そして食材を買うときは値引きになるスーパーの閉店前を狙います。

自炊が苦手であってもご飯くらいは炊くようにしておくと、

スーパーの惣菜などで簡単に節約することができます。

これだけで随分と節約に繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

光熱費の節約術

この光熱費に関しても節約の代表的なものだと思います。

基本的に光熱費として大きく影響してくるのは、

エアコンと風呂で使うガスになると思います。

エアコンはフィルターの掃除をしておくだけでも効率が良くなる言われています。

また厚着などをしてエアコンを使用しなくて良いような工夫をすると、

エアコン使用率を下げることができて節約に繋がると思います。

そしてガスの使用ですが、

鍋でお湯を沸かすときは強火で一気に沸かすより、

中火にしてじっくり沸かすことの方が節約になります。

風呂に関してはお湯に浸かるのとシャワーを浴びるのではどちらが節約になると思いますか?

じつは風呂にお湯をためるのとシャワーを16分浴びることが同じレベルとなります。

なのでシャワーで16分以上浴びることが多いのであれば、

お湯を溜めて入ることも検討してみると良いかもしれません。

そうすることで節約ができます。

更にお湯にゆっくり浸かることは健康的にも良いのではないでしょうか。

通信費の節約術

通信費も3大節約のひとつだと思います。

今はスマートフォンが主流ですね。

携帯電話の時代と比べると通信費が高くなったと思います。

スマートフォンの使用に関してはショップに行って今のあなたの使用に応じたプランを見直してみると良いと思います。

電話をするのであればLINEというアプリを使うことで他メーカーの機種でもタダで通話をすることができます。

その他にはパソコンがあればSkypeを使って無料でテレビ通話ができます。

まずは簡単な節約からはじめる

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介した内容はかなり簡単な方法だと思います。

いきなり手の込んだものをはじめることはかなり抵抗を伴うと思いますし、

第一継続することが困難だと思いますし、

手の込んだ節約になると自分の生活に考え直さなければいけなくなってきます。

つまり難易度が高くなるほど再現性が難しくなってくると言えます。

なので最初は、

「この程度?」

と思えるくらいのところから自分の成長に合わせて楽しみながら節約すると良いと思います。

あなたの生活が充実したものになることを願っております。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ