上手なお金の使い方にはチャンスを掴む活かし方がポイント

スポンサーリンク

あなたは自分からチャンスをつくることを考えていますか?

上手なお金の使い方にはチャンスを掴む活かし方がポイント

 

 

「チャンスがあったらなぁ」

「良い出会いがないかなぁ」

「どこかお金が落ちていないかなぁ」

このようにチャンスをただ待っている人になてませんか?

自分からチャンスを掴む行動をとることは大切です。

ここは上手なお金の使い方に関係してきます。

お金をチャンスをつくるために使います。

普段から節約をして将来に繋がることへ投資をすることが、

上手なお金の使い方だと思います。

たとえば、

本を1000円で購入して本の内容を活かして行動し、

3ヶ月後、半年後に5000円、10000円稼ぐことができたら、

将来に繋がることへ投資ができたので、

上手なお金の使い方だと言えます。

1000円の本を購入して「行動」することがカギです。

チャンスのカギを使うのはあなた次第です。

もし、1000円の本を購入しても、

それを活かすための行動をしなければ、

チャンスのカギを活かすことができないことになります。

そしてチャンスを掴む活かし方には、もう一つ特徴があります。

「チャンスの女神は後ろ髪がない」

スポンサーリンク

この言葉を聞いたことはありませんか?

チャンスが訪れたら、目の前でしっかり掴むことが大切です。

そんなとき迷ってなんていられません。

瞬発力が必要です。

「あっ!」

と思った瞬間、もう既に自分の体は動いている。

このような瞬発力がチャンスを掴む活かし方になります。

では何をすればその瞬発力を発揮できるでしょうか。

それは、最初に感じたことを行動する習慣をつくることです。

人は何かに触れたとき、感情が先に出ます。

たとえば綺麗な花を見たとき、

「あ、綺麗」

たとえば散歩中の犬を見かけたとき、

「可愛い」

たとえばショーケースの洋服を見たとき、

「カッコいい」

このように最初に感情が先に出て後から、

「これいくらだろう」

「人からなんて言われるだろう」

「誰が知っているのだろう」

と考えはじめます。

最初に感じた気持ちを大事にすることです。

まだ何色にも染まっていない一番最初に出てきた気持ちを見つめることです。

そしてその気持ちを元に行動します。

花が綺麗なら、

「綺麗な花だなぁ」

と言葉にしてみます。

散歩中の犬を見かけて可愛いと思ったら、

「可愛いね」

と撫でてみます。

ショーケースの洋服がカッコいいと思ったら、

取りあえず店の中に入ってみます。

このように出来る限りの範囲で最初の瞬間に感じた気持ちで行動を取るようにします。

そうするとチャンスを掴む活かし方ができるかもしれません。

 

チャンスを掴む行動の仕方を考えよう!

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ