節約生活でお金を増やす生活費のここだけは削るな!

スポンサーリンク

節約で削ってはいけないところがあるのをご存知ですか?

節約生活でお金を増やす生活費のここだけは削るな!

 

 

節約をして無駄な

出費を抑える生活は

とても素晴らしいことです。

しかし、

節約生活でお金を増やすためには、

決して削ってはいけないことがあります。

それは、

「食事」

です。

この食事を抑えて食費を削ることは、大抵失敗します。

実際僕も食事制限をして食費を抑える努力を試みました。

結果は、全戦全敗です。

断捨離をして物のほとんどない節約生活や、

古着屋を活用した掘り出し物を見つけるおしゃれを両立させた節約、

クレジットカードをやめて現金払いによる気持ちに訴え掛ける節約など、

全て上手くいくのですが、

この食事に関して言えば確実に失敗に終わるのです。

不思議ですよね。

一体何故なのでしょうか。

それは、食事を摂ることは人の潜在的欲求の根幹に位置するからです。

つまり三大欲求です。

時間の節約をしようと睡眠時間を削ったらどうなると思いますか?

ある一定の機関は良いかもしれませんが、

生涯続けるとなるとほとんどの場合、

スポンサーリンク

体にストレスを溜め込み、

その反動で体を壊してしまうのではないでしょうか。

性欲はいかがでしょうか。

人は異性との愛を求めますね。

どんなに、

「わたしは愛なんていらない!」

なんて言っても人間である以上、

異性との愛を求める欲求をゼロにすることは不可能ではないでしょうか。

食事の場合はいかがでしょう。

食事は睡眠と同じく生きる上で基本となりますね。

その食事を制限することは、

例えばスポーツやダイエットのような一時的に過度に制限すること意外では、

日常生活での習慣化として取り組んでも限界があります。

ダイエットなどの場合、

多くは食事をある一定に抑えて、

むしろ食事の内容を変えることの方に力を注いでいるのではないでしょうか。

このように人の潜在的欲求の根幹である食欲に訴え掛ける節約は、

あまり好ましい方法ではないのかもしれません。

なので食事はしっかりと取ることが大切です。

食事をしっかり取って体を健康にしつつ、

他の分野で徹底的に節約生活を試みる。

このことが大切ではないでしょうか。

食事は削るよりも、健康に特化して内容を変えていった方が、

かえって上手く節約に繋がるのかもしれません。

抑えるところはとことん抑えて、

力を入れるところはしっかりと入れていく。

この力を入れていく部分が食事にあたると思います。

 

全ての源である食事は節約せずしっかり取る

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ