一人暮らしの節約・貯蓄術。頑張らない方法

スポンサーリンク

一人暮らしの節約・貯蓄術。頑張らない方法

 

今現在一人暮らしで節約・貯蓄が上手くいかなくてお悩みではありませんか?

一人暮らしのお金を上手く管理できなくて給料前になると、

お金を使わないように意識しようとしたり、

給料が入ったら入ったで必要のない物をついつい買ってしまい、

結局ムダ使いして終わってしまうこともあり、

このようなお金の使い方を何とかしたいものですね。

何とか無理なく節約・貯蓄ができないものでしょうか。

今回はムリムダをできるだけ省いた管理方法をお伝えします。

お金の流れを把握する

お金を節約するために必ず必要となるのが、

お金の流れを把握することです。

毎月いくらの収入があって、

いくらの支出を出しているのか。

それが分からないと何に使って何に使い過ぎているのか。

いくらの貯蓄をする必要があるのか。

そこのところを見極めることができません。

なのでここで大切となってくるのが3ヶ月くらい家計簿を付けてみることです。

なぜ3ヶ月なのかと言うと、

この質問をあなたにするとあることがわかります。

今日から毎日家計簿を付けて下さい。

今日から毎日3ヶ月家計簿を付けて下さい。

いかがでしょうか?

期限が付いている方が精神的に楽に感じませんか?

そういうことなんです。

人は物事を継続させるには期限を付けると続けやすい傾向にあるようです。

なので3ヶ月間を目指して家計簿を付けることがおすすめです。

簡単な自炊

外食が中心になっていませんか?

自炊をすると以外と毎日できないもので、

スポンサーリンク

かえってお金が掛かってしまうなんてこともあるのかもしれません。

そうは言ってもやはり自炊をすることが一番節約になるのは確かです。

たとえば、

自炊のみで一ケ月を過ごすと2万円以下に抑えることが言われています。

反対に、

外食のみで一ケ月を過ごすと5万円以上は掛かるようです。

なのでうまく自炊を取り入れていく工夫をすることが大切になると思います。

一番簡単な方法はご飯だけでも炊いておくではないでしょうか。

料理をする時間がない人や面倒だという人も、

炊飯器でご飯を炊くだけなら、

それほど負担を感じずにできるはずだと思います。

たとえば、

毎朝コンビニで100円のパンを2個と120円の缶コーヒーを買っているとしたら、

ご飯を炊いてそれにインスタントの味噌汁と納豆を付けるだけで、

1食分の計算は100円以下になります。

まずは朝食だけでも自分で作って食べる習慣を持ってみてはいかがでしょうか。

自分が頑張らなくていい仕組みを作る

自炊もしているし洋服やいらない物はほとんど買っていないにも関わらず、

なぜか貯蓄することがきないことはありませんか?

一生懸命節約しているつもりが一向にお金を貯めることができない、

なんてこともあるかもしれません。

こうしたときに一番簡単な方法は、

まず給料が入ったら毎月銀行口座に一定額を自動的に積み立てをすることです。

これならば自分が頑張らなくても貯金ができる仕組みを作ることができます。

また節約ができない原因のひとつとして、

小さな出費の積み重ねがあります。

これが意外と大きな穴となることが多いようです。

たとえば、

100円のお菓子、120円の缶コーヒー、150円のデザート。

それぞれ安いと感じませんか?

安いものは「これくらいならまあいいか」と財布の紐が緩みやすいようです。

こんなときに「本当に必要?」と自問する習慣を持っておくことも大切です。

一人暮らしの簡単な節約方法でしたがいかがでしたでしょうか。

あなたの一人暮らしが快適になれることをお祈りしています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ