節約・貯蓄サラリーマンの無駄使いを無くす知恵

スポンサーリンク

節約・貯蓄サラリーマン生活のモノの価値を2倍にする知恵

節約貯蓄サラリーマンの無駄使いを無くす知恵~

あなたは不要な物を買ったり、そのうち捨ててしまう物にお金を掛けていませんか?

買い物はとてもたのしいものですね。

しかし、改めて自分のお金の使い方を見直してみることで、

豊かな生活をおくるためのポイントが見つかると思います。

節約をして貯蓄を増やしていくための知恵をお伝えしたいと思います。

 

 

必要な物を見極める

あなたは感情に任せて物を買っていませんか?

給料日となるとついつい財布の紐が緩みやすくなるのが、

サラリーマン生活の常とも言えるかもしれません。

それはわざわざ買う必要のないものにまで手を付けてしまうこともあるようです。

たとえば、

服飾品や贅沢品など必ず生活に必要とはいえない物にお金を使っているケースや、

日用品や食品など日常生活で欠かせない物に至るまで、

何も考えず感情に任せてしまうと、

結果として必要でない物まで買ってしまい、

ゴミとして処分するかく部屋の中にしまったままになるケースが多いようです。

ここでこのようなことにならない為の知恵が、

「捨てる」

という考え方です。

あなたの部屋の中にある物を、

何かを買う前にまず必要のない物を捨てていくこと。

「もしかしたら使うかもしれない」

という場合も思い切って捨ててしまうことで、

必要な物だけを買い入れる意識が自然と働くようになってきます。

 

 

直感と比較検討

あなたは物を買うときの人の心のメカニズムをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

「○○が必要だから買う」

などのように何らかの理由で買うと思うかもしれません。

しかし人は買う理由を考える前に「感情」で物を買うと言われています。

欲しい物を見た瞬間どのような気持ちになりますか?

きっといつもの心の状態とは違う感覚になるのではないでしょうか。

そして多くの場合、感情だけに任せて買うことは、

必要のない物まで買ってしまうということに繋がるようです。

なので、

・本当に必要なのか?

・この値段は自分にとって妥当か?

・使いやすさや他人の感想は?

と買う前に一度冷静になって自分を見つめてみる必要があります。

感情に任せて買っていませんか?

 

 

豊かになる買い方

通常300円の物が100円で帰ることはとても嬉しいことだと思います。

価値より値段が安かったとも言えるかもしれません。

つまり豊かになる買い物の仕方というのは、

・価値より安い値段で買う

・値段より高い価値を感じるように使う

以上のふたつの考え方が重要となります。

人は感情の生き物と言われています。

物の価値も結局のところ、

あなたが価値があると感情で感じれるかどうかで豊かさも決まるようです。

価値より安い値段で買うならば、

相場を見極める目や消費者としての目を養う必要があり、

値段より高い価値を感じるように使うならば、

物の命を使いきるという考え方が大切になってきます。

以上のふたつを抑えておくことで自然と節約ができて貯蓄も増えると思います。

サラリーマン生活では給料という毎月まとまったお金が入ってきますね。

なのでひと月の買い方の流れは一定ではなく、

財布の中にお金がある度合いに応じて波があるのが普通だと思います。

ここをしっかり自己管理できることが、

豊かな生活を送る秘訣となります。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ