物を持たない物を減らす節約のための買い物術5つ

スポンサーリンク

物を持たない物を減らす節約のための買い物術5つ

ついつい買い物でお金を使い過ぎていませんか?

そのために物を持たない暮らしを行うことで物を減らす物を捨てるなどの、

処分や節約を意識することが大切です。

そこで物が一番入ってきやすいのが買い物です。

この買い物がポイントになってくると思います。

物を持たないことは同時に節約することになります。

なので物を持たないようにするには買い物に対して、

「自分でルールを決める」

ということをしなければいけません。

そのための考え方をお伝えしたいと思います。

無駄な買い物をしないようにするための参考にして頂ければと思います。

 

 

1、財布に余分に入れない

余分にお金があるとついつい心に油断ができますね。

その油断が、

「財布の中にはまだ余裕があるから良いだろう」

という甘えを引き起こし、

そしてそのときの気持ちの良い経験が重なって無駄な買い物の「習慣」が出来上がってしまいます。

なので1日あたりの使う金額を予め決めることが大切です。

そして1日あたりの使う金額を決めたらその金額だけ財布の中に入れるようにします。

そうすることで、

コンビニに入ってもその金額の中で自然と計算するようになりますし、

財布の中に入っている金額以上の買い物が強制的にできなくなるので、

余計な出費を抑えることができるようになります。

今までだとただ何となく欲しいと思った商品を手に取っていたかもしれません。

ですがこのように決まった金額だけを財布の中に入れておくことで、

頭の中で計算をするようになります。

これを繰り返すことによってあなたの1日のお金を使うスタイルが、

自然と修正されて「習慣化」することができます。

 

 

2、迷ったときは行動しない

世の中とにかく行動が大切だと言われていますね。

しかしとき行動しないを選択することが重要であるときもあります。

それが、

買い物をするときに迷ったときだと思います。

「これ買ってたっけ?」

「これ欲しいなぁ、だけどどうしようかなぁ」

「これも欲しいけどあっちのも欲しい」

このような迷いが生じているときは行動しないを選択すると余計な出費を抑えられます。

そして、

迷っているという時点で本来は必要のない物なのかもしれません。

あなたが本当に必要だと感じたとき、

それを手に入れることに迷いがありますか?

そして、

「一体なぜ迷っているのだろう?」

と迷っていることそのものに目を向けることが大切です。

なぜならば、

自分が迷うということは本当はどうしたいかを知る手掛かりになるからです。

自分が本質的に何を求めているかからズレると迷いが生じるのではないかと思います。

 

 

3、便利な物は罠

世の中大変便利になりましたね。

ですが便利であるのは表面上だけのことかもしれません。

そしてそもそも誰が便利だと言い出したのでしょう?

たとえば、

素晴らしく機能満載の掃除機が家電量販店で売られていて、

店員さんが機能についていろいろと説明してくれます。

そして、

「この掃除機は大変便利な物です」

なんて言ったとします。

ですがあなたにとって本当に便利であるかどうかは実は別物なのです。

どういうことかというと、

便利な掃除機を購入するとそれなりにお金を支払わなければいけませんね。

スポンサーリンク

そのお金を支払うことによって確かに便利な物を手に入れることにはなりますが、

同時に不便さも手に入れることになるのです。

それは、

お金が手元からなくなるということ。

お金が手元からなくなると心が少し不安定になるかもしれません。

そうすると今まで笑って暮らしていた日々が少しゆとりがなくなってしまうかもしれないのです。

それは便利とは言えませんね。

あなたにはこのように見えないところも計算できるようになって欲しい。

物の見方をこのように見て欲しいと思います。

 

 

4、所有している物を把握する

案外自分のことは分かっているようで分かっていない。

このような事実があるのではないでしょうか。

それは他人の目から見ると一目瞭然なのかもしれません。

それをはっきりと説明できるのが、

病気になって倒れる。

このことではないでしょうか。

「自分はまだやれる、大丈夫だ!」

と思っていても体は正直と言いますね。

つまり、

自分が思っていることと現実とは少なからずギャップが存在することを知ることが大切です。

これが買い物とどのように関係してくるのかと言うと、

冷蔵庫の中にある物や生活消耗品がこれにあたります。

それはあなたもご存知のことだと思います。

無駄に購入してしまうことは心の隙をつくることにもなりかねません。

なので出来るだけ自分の身の回りにある物をしっかりと把握しておく「習慣」をつけることが必要です。

買い物をするときはメモを取っておくことが良いですね。

またスマートフォンを活用するのもアリだと思います。

 

 

5、セールに買う必要はない

安いからと安易に手を出すことはあまりお勧めしません。

なぜなら、

本当に欲しい物なら値段など気にすることはないからです。

むしろ金額が高ければ高い程、

自己重要感を満たすことができます。

あなたにこのような経験はありませんか?

「これは高級品だから高いんだ」

このように他人に言ったことないでしょうか。

金額が高いことはそれはそれで心を満たしてくれるものがあるようです。

だからと言って安い物に手を出さず高い物に手を出せと言っている訳ではありません。

本当に欲しい物というのは、

それを購入することによってあなたの価値観を満たしてくれます。

価値観とは感情のことです。

実は人は感情を満たすことを目的に物を買っていると言い換えることができます。

なので、

買うと言う行いを通して自分の感じている感情や気持ちに意識を向けて欲しいと思います。

そうしなければ、

「ああ、こんな物買うんじゃなかった…」

という後悔を未然に防ぐことが可能となるでしょう。

自分を知ることが如何に大事であるか。

このように日常生活からも自分を知る手掛かりはたくさんあると思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は具体的な方法というよりはその元となる「考え方」にフォーカスしました。

僕は実際にこのように記事を書いているときとは、

大概頭の中にポツンと浮かんできたことをそのまま文章化しています。

なので割と早く記事自体は書き上げてゆくのですが、

その方が伝わりやすいと思うからです。

そしてこれからの時代、

自分で自分のことを知る努力を続けなければ迷走しやすい時代となってきているのかもしれません。

それは、

コンビニやスーパーなど売るための心理戦略がたくさん施さていて、

無意識の内にコントロールされてしますからです。

「本当はどうしたいのだろう?」

と常に自問し続けることは、

これからの時代で生きる上で大切になると思います。

あなたも日常の何気ない行動に対して

「なぜ私はあのときこのような行動をとったのだろう?」

と疑問を持ってみるようになると、

それが生き方そのものに繁栄されてゆとりのある理想的な生活を目指せるのだと思います。

ぜひ自分に対してもっと興味を持ってみてください。

最初は意識し続けることが肝心です。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ