水道代節約-一人暮らしのシャワーをお洒落に節水

スポンサーリンク

水道代節約-一人暮らしのシャワーをお洒落に節水

 

あなたはシャワー派ですか?お風呂派ですか?

水道代節約で一番浮かんでくるのが入浴ではないでしょうか。

お風呂とシャワーどちらが節約できるのでしょうか。

 

一般的に、

浴槽いっぱいにお湯を貯めると約200リットル入ると言われています。

それはシャワーにすると約15分間の使用になるのです。

 

これだけ聞くと圧倒的に浴槽にお湯を溜めた方が

節約できると思うかもしれません。

しかし、浴槽にお湯を溜めていても追加する場合もあれば、

体を流すときや髪を洗うときはシャワーの人も多いのではないでしょうか。

 

そして、シャワーの使い方も、

髪・顔・体をいっぺんに洗ってまとめて流しすなど工夫することで、

シャワーの使用時間を5分以内におさめることができて節約に繋がります。

ですが、できればそんなことは気にせず思いっきり使いたいものですね。

(前回の記事、お金にルーズな人-なぜか貯金ができない人の4つの習慣

 

 

ストレスフリーの節約法

 

節約と聞くと「我慢」というイメージがありあせんか?

それでは節約がうまくいくわけがありませんね。

実際に節約を意識している人の3人に1人がストレスを感じているようです。

 

実は僕も節約に関しては苦手意識があります。

なので、特に食に関わる節約に関してはうまくいきません。

なぜなら、食べることが楽しみのひとつだからです。

 

あなたも想像してみてください。

好きなものを食べている瞬間はとても幸福感に満たされませんか?

ここに「楽しい」や「幸せ」の感情があると節約することが

難しくなってしまうようなのです。

 

なのでできるだけ楽しみながら節約することが大切だと思います。

楽しみながらといかなくても、

せめてストレスを感じなければ節約も継続できるのではないでしょうか。

それが可能となるのが以下にご紹介する節水シャワーです。

 

 

節水シャワーでストレスフリーな節約

 

節約のためにシャワーを使わないのはよく聞く話です。

実は、水道代の4分の1を占めているのが入浴なのです。

 

ですが、シャワーはとても便利ですね。

できればこの便利さは失いたくないものです。

 

そこでシャワーを使いながら、節約ができるのが節水シャワーヘッドです。

スポンサーリンク

節水シャワーヘッドは、水が出る穴の大きさを小さくしたり、

数を減らすことで水の使用量を調節しています。

そして手元に一時止水スイッチが付いているタイプがあれば、

不要なときはストップすることができてより節約することができます

 

意外とシャワーを流しっぱなしにしていると邪魔なときがありませんか

 

そんなとき蛇口を捻るよりヘッドのところにスイッチがあると便利です。

そして蛇口を捻ってしまうとまたお湯を出したときに、

お湯の温度が一定になるまで待たなくてはなりません。

そこにストレスを感じる方が多いのではないでしょうか。

 

節水シャワーのヘッドに一時止水スイッチが付いていれば、

シャワーを再び流しても常に一定の温度の状態で使うことができます。

(※給湯器の機能によっては温度が一定に保てない場合があります。)

 

節水効果40%のシャワーヘッドに変えることで、

年間約2万4440円の節約ができます(節水シャワーヘッド『RAINY(レイニー)』 三栄水栓従来比)

 

僕が実際にこのシャワーヘッドを使ってみて実感したことは、

こまめにスイッチをON・OFFすることが節水には必要だと思います。

 

 

節水シャワー選びの注意点

 

節水シャワーの選び方の注意点は、手元ストップ機能があることがポイントです。

上記でご説明したように、

蛇口を捻るよりヘッドにスイッチがある方がはるかに便利です。

そしてヘッドでスイッチを切ることでシャワーの出だしから

一定の温度で使用することが可能です。

 

そしてネットで調べるときはよくレビューを読んで

実際に使用している人の感想などを参考にすることが大切です。

なぜなら、

穴が小さくなることで体感的に寒く感じてしまうことがあるからです。

 

他に塩素除去機能美容マッサージ効果があるタイプなど、

節水以外でのメリットを備えたものもあります。

 

あなたが一人暮らしであるならば少しお洒落なタイプを選んでみて、

入浴を楽しむ時間として選んでみるても良いのではないでしょうか。

一人暮らしは自由なのでバスタイムをお洒落に演出するのも良いでしょう。

 

 

節水シャワーはガス代の節約にもなる

 

実は節水シャワーは水道代の節約のみならずガス代の節約にもなります。

冬のガス代は高くなりますね。

 

冬になるとシャワーを使うことは、

寒さをしのげてストレスを感じることなく入浴を楽しむことができます。

穴が小さい分、水の勢いが増すのでエステ気分も味わえます。

 

ただし、こまめなON・OFFをすることが節約には必要です。

蛇口を捻るより、シャワーヘッドにスイッチがある方が、

ストレスをあまり感じにくいのは使ってみて実感しました。

 

安定した効率良い節約ができることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ