社会人の自己投資の考え方

スポンサーリンク

社会人の自己投資の考え方

お金が貯まる人の習慣を身につけたくありませんか?

社会人になれば自己投資は大切になります。

そしてお金が貯まらないと嫌ですね。

通帳のページをめくったときに、

金額が少ないと分かっているとあまり見たくないですね。

またカードの預金残高を見るときも嫌な気持ちになりますね。

お金が貯まる人はお金が増える使い方をしているようです。

お金が増える使い方は2つあります。

1、自己投資

2、人間関係

最も一般的な投資といえば自己投資だと思います。

自己投資には失敗がないと言われています。

投資で迷ったら、まず何をすれば良いかと言うと自己投資をすると良いようです。

自己投資には、読書をしたり、セミナーに参加したり、映画を観たり、

習い事をしたり、旅行に出掛けたりといろいろとあると思います。

自己投資をすることで自分磨きをして、

人の会話を理解できるようになり、

仕事をスムーズに効率良く進められるようになります。

スポンサーリンク

お金持ちは自己投資を大切にしています。

ただし、自己投資をする際に気を付けて欲しいことは、

自己投資という名の見栄にお金を使わないことです。

たとえば、

「この高額セミナーに参加したら凄いと思われる」

「この資格を取ったら人に自慢できる」

こうなるとお金を貯めるどころかお金が逃げてしまいます。

社会人になれば責任が増えます。

それは自己管理というなの責任です。

誰もあなたを責めることはしませんが、

そこのところをしっかり管理できるようにしておかないと、

社会人として社会生活を送ることすらできなくなるかもしれません。

それはとても残念なことですね。

なのでしっかりと正しい自己投資ができるようになることが大切だと思います。

決して見栄を張るためにお金を使わないように意識を持っておきたいですね。

 

 

次に人間関係です。

人間関係が良くなれば、いろんなチャンスが巡ってくるようです。

仕事のチャンス、出会いのチャンス。

あなたの人間関係の出会いは人からの紹介が多いのではありませんか?

あなたの友人はどのように知り合いましたか?

またお金も人が運んできてくれます。

なので目の前に人を大切にするためにお金を使うことが必要な考え方かもしれません。

この出会いによる人間関係が充実することで、

精神面も収入面も豊かになることができます。

人間関係にはそのような神秘的な力があり、

お金を貯める方法はここにしっかりとお金を使って投資できることのようです。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ