物を持たない物を減らす節約生活で貯蓄が増える秘策

スポンサーリンク

 

物を持たない物を減らす節約生活で貯蓄が増える秘策

物を持たない物を減らす節約生活で貯蓄が増える秘策~

あなたは貯蓄をしたいでしょうか?

それならまず物を持たない物を減らすことを考えなければいけません。

 

そのためには「メンタルコントロール」が必要です。

そうするとこで無理なく自然に貯蓄ができるようになります。

 

 

お金を増やす方法は二つある

 

あなたは、お金を増やす方法をご存知でしょうか?

お金を増やすシンプルに2つに大別することができます。

それは、

 

  1. 労働すること
  2. 欲しい物を減らすこと

 

以上のたった2つのことです。

労働することは、基本的に会社に自分の時間を提供することで、

その時間の対価としてお金をもらうことが主だと思います。

 

さらに働くことのもうひとつは、自分の価値を提供してその対価を得る方法です。

これは、最初はどうしても時間がかかってしまいますが、

やがて時間の対価より遥かにお金を増やすことができます。

根気よく時間を掛けて自分にできることを淡々とやっていけば、

場合によってはほとんど手付かずでオートパイロットのように増やすことができます

つまり、自動化する仕組みをつくるということです。

 

そして、

 

もっともシンプルなのは、自分の所有している物そのものを減らすこと。

部屋に不要な物が増えてお金が減るのは誰だってしたくはないですね。

つまり、物の玄関口である「買う」というところに焦点を当てて考えることです。

なので、ここで重要となる考えが次になります。

 

 

欲しい物を減らす為に欲しい物を決める

 

「欲しい物を決める」という決断が大切になります。

では欲しい物を減らすとはどういうことなのでしょうか?

人は無理をすると我慢できなくなってしまいます。

 

このことを「努力逆転の法則」と言います。

 

この法則が働くので頑張っても結果が出ない人が出てきてしまうのです。

なので我慢しないで欲しい物を減らすには、

 

欲しい物を決めてしまう

 

これが大切です。

スポンサーリンク

そうすることで「欲しい」という衝動を感じても、

自分が決めた本当に欲しい物と比較するとあまり価値を感じなくなり

結果として衝動を抑える効果が効くようです。

 

たとえば、

 

カルティエの長財布7万円を今年の年末に買う!と決めてしまうことで、

それ以外が目に付いたとしてもつい衝動買いをしてしまう。

なんてことがかなりの確率で減るようです。

ここで重要なポイントは金額を下一桁までしっかり把握しておくことです。

そうするとこで1円単位で浪費に対する意識が芽生えます。

 

 

人生に絶対に必要と思う3つを決める

 

これは自分の人生の優先順位を決めるというものです。

そしてこの3つにおいてはお金を使っても構わないと考えることです。

物ではなく旅行や教材費をやりたいことに選んだ人は、

費用が実現するための計画まで検討します。

しかし3つがなかなか出てこない人というのは、

自分にとって必要なものが分かっていないということになります。

 

言い換えると、

 

自分のことをまだまだ知らないと言えます。

人生で絶対に必要な3つを決めることで、

人生の可能性を拡げることができます。

 

何故ならば、

 

人は何かひとつに絞ることができないので、

あっち行ったりこっち行ったりして結局どこに行っても中途半端になってしましまいます。

そこをひとつに決めることで専門的に極めることができ、

人生そのものを変えることに繋がります。

なのでひとまず3つまで明確にしておくことはとても重要となります。

これは人生の質を高める基本と言えるかもしれません。

なのであなたの人生をより良くしていくためにも、

ぜひこの3つを決めるようにして下さい。

 

そして、

 

節約生活で楽しく暮らそう一人暮らしの3つの秘訣にて紹介しているように、

忘れがちな身近で大切な人との繋がりを意識することで、

節約することの大切さを紹介させて頂いております。

 

そして消費税が上がりこれからも増税していく時代に入ります。

だけど仕事では給料が増えることはなく、むしろ雇用の不安定さが強いです。

そんな時代だからこそスマホ料金の節約術-格安SIMに変えて月額2127円にでは、

実際の生活費を節約するためのスマホ料金の節約術を紹介しています。

家賃や生命保険など固定費を削ることが一番簡単な節約ですので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

あなたにとって心から楽しい節約生活で貯蓄を目指してください。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ