雛祭りの登場人物と飾る時期の意外と知らない話

スポンサーリンク

雛人形は婚礼を意味している

雛祭りの登場人物と飾る時期の意外と知らない話

雛祭りで出てくる登場人物について興味がありませんか?

「雛祭りの登場人物はなぜあのような配列なのか?」

「誰が何の役割をしているのだろう?」

「雛祭りの正式な時期っていつ?」

このように意外と知らない雛祭りですが、

まず雛人形には2つのルーツがあります。

1つ目は、人形が身代わりとなって厄を受けるという考えです。

昔から魔除けとして、人の厄を祓うために人形が使われていました。

2つ目は、雛遊びという昔の貴族の子供が人形でおままごとをしてたことです。

おままごは今でも子供の遊びとして生きてますね。

この2つのルーツから、人形の技術が発展していくと共に、

雛人形への扱い方が、飾るものへと変化した結果、

今の雛人形へとなりました。

また、嫁入り道具として豪華な雛人形を持たせることも、

上流階級の間ではあったようです。

段飾りの登場人物ですが、

それぞれ宮廷の役職を持った人々のようです。

まずお内裏様とお雛様の下に三人官女がいます。

実は真ん中の1人はお歯黒で眉毛がありません。

昔は結婚すると眉毛を剃ることから、このようになっているようです。

お付の女官にも世代のバランスを持たせたことが理由かも知れません。

次は五人囃子です。

スポンサーリンク

右から謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓となっており音の小さい順からなっています。

この少年たちの髪型はまだ、元服前なのでこのようになっているようです。

次は左大臣と右大臣です。

随身とも呼ばれ、彼らは警護役です。

お殿様と行動を共にし、時には恋の橋渡しをすると言われています。

そして一番舌が仕丁。

この3人は雑用係です。

良く見ると怒った顔、泣いた顔、笑った顔と表情を持たせており、

この3人をあわせて三人上古と言うそうです。

雛人形の以上が登場人物となります。

雛人形にも関東雛、京雛とあり、

それぞれの違いは男雛と女雛で座る位置が逆であったり、

顔にも微妙な違いがあります。

一般的に市販されているのは関東雛のようで、

向かって左側にお殿様が座っているものではないでしょうか。

そして顔の違いはと言うと、

関東雛は目が大きめでふっくらとした可愛い感じで、

京雛は鼻筋の通った切れ長の目でいわゆる京美人のようです。

雛人形の飾る時期は、節分の次の日(立春)と呼ばれる2月4日ごろで、

2月中旬、雛祭りの一週間前の2月24日にしまうと言われています。

それ以降にしまうと嫁に行くのが遅れるという迷信があります。

雛祭りは3月3日で、地域によっては旧暦の4月3日だったりします。

以上が雛人形を飾る時期でした。

しかし、あくまで根拠のない迷信に過ぎないとも言います。

なので、無理に雛祭りに合わせて準備する必要もありませんし、

一番なのは家族で楽しむことではないでしょうか。

あくまで参考程度にしてもらえると幸いです。

 

雛人形は楽しんだタイミングでしまう

 

 

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ