賢くお金を増やすための今からできる思考法

スポンサーリンク

お金を増やすために今からすぐできることは何だと思いますか?

賢くお金を増やすための今からできる思考法

 

それは「楽しいこと考える」。

このことです。

楽しいことを考えて、楽しいことに向かって行動します。

結局それがビジネスものを言うのかもしれません。

どういうことかと言うと、

お金にならないような楽しいことでも、

そのときの経験を活かすことでビジネスのヒントになるからです。

賢くお金を増やすには、従業員として雇われるときから、

自分のビジネスを興してお金を増やす努力が大切です。

しかし、どのようにしてビジネスを興して良いのか、

全く見当がつかない人がほとんどだと思います。

僕もそんな何をしたら良いのか分からない一人でした。

そこで、あなたが楽しかったころの経験が役に立ちます。

あなたの楽しかったときの経験にビジネスのヒントがあるのです。

それは、

なぜあのときあんなに楽しかったのか?

なにがキッカケであんなに楽しい日々を送ることができたのか?

あの楽しさを今ここに持ち込むとしたらどのようにしたら良いのだろう?

と新しい切り口で自分に疑問を投げ掛けることができるからです。

逆に辛かったときの出来事も同じように、

あのとき何があんなに辛くしていたのだろう?

スポンサーリンク

何が引き金となって辛い日々が続いてしまったのだろう?

今後このような辛いことにならないために何を気を付けると良いのだろう?

と考えることもできます。

つまり人生に無駄なことなんてないということです。

しかし、無駄にするかしないかは実のところ、

あなた自身の手に委ねられている事実も知る必要があります。

切れ味の良い包丁を持っていても使い方を知らなければ、

宝の持ち腐れとなってしまいますね。

それと同じように、

素晴らしい経験をしてもそれを活かすための行動をしなければ、

「あのときなんであんなことになったんだろう…」

「ああ、あのときは楽しかったなぁ」

このように過去に囚われてしまい、宝のような素晴らしい経験を活かすことはできません。

決してお金にならないからと、無駄なことと思うのは、

長い目でみると早計かもしれません。

なのでここで大切にして欲しいことは、

あなたが心からワクワクすることやウキウキすること、

心が躍るような感情の波が強く動くことへ飛び込んでいくことです。

それがビジネスをする際に大きな力となるようです。

僕は過去アクロバットに明け暮れた日々を過ごしていました。

毎日練習して、楽しくて楽しく仕方がありませんでした。

そのときの楽しい気持ちを基準に、

「どうしたらあのときのようにハマる何かに出会えるだろうか?」

と自問し続けて今のビジネスと出会いました。

考える感情的基準を持つことです。

経験の肝はこれにあるのかもしれません。

 

感情的基準を築くことが経験の肝

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ