貨幣経済はいつから?お金の歴史

スポンサーリンク

遠い昔、世界にはお金というものは存在しませんでした。

そんな昔の時代では物々交換という手段を使って、

自分が持っている物と相手の持っている物を交換していました。

あるときAさんは狩りをして動物の肉を手に入れることが得意でした。

しかし、一方で農耕をして作物を育てることに関しては不得意で、

米や野菜などを手に入れることができませんでした。

そこでAさんは、米や野菜が欲しいので、

隣に住む農耕が得意なBさんに、

自分の取ってきたイノシシの肉と交換しようと持ち掛けました。

隣に住むBさんは農耕が得意で米や野菜を育てるのは得意だけど、

狩りをするのが苦手でした。

なので肉を食べることができなかったのです。

そこへAさんがやってきて、

Aさんの肉とBさんの米や野菜と交換しようと言ってきたのです。

Bさんとして滅多に食べられない肉を食べられるということで、

これ以上ないくらい嬉しい話でした。

このように、昔のお金がまだ存在していない時代というのは、

物と物との交換で成り立っていました。

ですが中には釣り合いがとれない交換もありました。

たとえば、

牛一頭と鶏一匹では釣り合いが取れませんね?

スポンサーリンク

その場合は牛一頭に対して、鶏十匹で交換していました。

自分の提供できる価値と相手の提供できる価値が一致したとき、

交換は成立するのです。

この仕組みは今現代でも一緒ですね。

なので自分の提供できる価値が、相手にとって価値を感じない場合は、

いくら自分が欲しいと思っても交換することができなかったようです。

そうしていくうちに、

人々は「これでは効率が悪い!」ということに気付きます。

そこで生まれたのがお金という存在です。

はじめはお金は石だったようです。

その石は複製できないように特別な加工を施しました。

きちんとした模様を施したお金と認められる石です。

これによりそこらへんの石では代用できない共通の価値のあるお金にしました。

そうすることで自分がお金さえ持っていれば、

何でも交換できる仕組みが出来上がりました。

これが貨幣経済のはじまりと言えるかもしれません。

そして、その後は石から鉄、銅、紙幣と素材が変わり、

より複製ができないように作られて今のお金になりました。

このようにお金は最も便利な道具へとなった最高の手段と言えるかもしれません。

以上がお金の歴史を簡単にご説明させて頂きました。

お金に対する考え方が素晴らしい方向に向けるよう祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ