自分には何の関係もないお金で勉強するより身銭を切ることの影響力

スポンサーリンク

あなたは学生の頃にしっかりと勉強に励むことができましたか?

多くの人の場合、あまり身が入らないことが多かったのではないでしょうか。

僕も自分には関係のないお金、

つまり親に出してもらって勉強をしていた、

中学、高校の頃はほとんどやる気が出ませんでした。

親の援助に頼っていると意識があまり入りにくいのかもしれません。

自分には何の関係もないお金で勉強することより、

自分で身銭を切って勉強する方が身に付きます。

意識が全く違ってきます。

そうではありませんか?

なので、何かを学ぼうと思ったときは、

なるべく自分で身銭を切るようにした方が良いのかもしれません。

しかし、自分の身銭を切るようにしても、

注意しておきたいことがあります。

それは、

何のための勉強かということ。

なぜこのようなことを言うのかと言うと、

僕自身、身銭を切っても目的意識が定まっていないばかりに、

スポンサーリンク

素晴らしいセミナーに参加しているにも関わらず、

僕が一番学びを深めることができなかったからです。

そのため、何年も掛けて再受講を繰り返しました。

もし何のために勉強をするのかをしっかり定めていば、

このように長い期間、

学びに時間とお金を費やす必要はなかったかもしれません。

つまりしっかりと目的を定めていいなければ、

結局のところ、

自分には何の関係もないお金で勉強するときと、

同じような結果が出てしまう危険があります。

自分が最終的にどうなりたいのかの目的。

そのために何を達成させる必要があるのかの目標。

そして今日一日この勉強をするにあたって、

どのような姿勢で臨むことが一番身に入るだろうか。

このようなところまで考えておくことが大切です。

あなたは何のために勉強をしたいのですか?

せっかくあなたの大切なお金を、

身銭を切って学のですから、

しっかりと身に付けていきたですね。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ