臨場感を出す文章の書き方③「固有名詞」を使う

スポンサーリンク

固有名詞

 

それでは、臨場感を出す文章の書き方、その3をお伝えします。

それは、「固有名詞」を使うです。

 

「名詞」ではなく「代名詞」でもない、「固有名詞」。

これが文章により臨場感を与えてくれます。

例えば、

高校のとき、体育の先生はT先生でした

T先生は、あの某人気漫画が大好きでした。

これを、

高校のとき、体育の先生はたまい先生でした。

スポンサーリンク

たまい先生は、あの人気漫画「ワンピース」が大好きでした。

このようにすると、受ける印象はいかがでしょうか?

個人情報にあたる「固有名詞」を無理に使う必要はないです。

それは誰?

それは何?

その情報が詳しければ詳しいほど、「具体的なイメージ」が読者の頭に浮かびやすくなります。

たまい先生は、人気漫画「ワンピース」が好きなので、

「冒険が好きなんだ」

「熱い友情に憧れてるんだ」

といった感じで、人気漫画「ワンピース」から、

「そういう人なんだ」とか「あれが好きなんだ」と「具体的なイメージ」が沸きやすくなります。

ただ、ここで注意してほしいことがあります。

それは、専門的な固有名詞を使う場合は、

その言葉の説明を少し加えてみると、読者が読みやすくなります。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ