節約して生活する人の誰にも言えない秘密

スポンサーリンク

あなたは無理な節約をしようとしていませんか?

節約をしていると言うと、

「この人お金に困っているんじゃない?」

などの声が聞こえてきそうで、

「節約しています!」

なんて誰に言えない人もいるかもしれません。

無理な節約とは性格を悪い方向へと変えてしまう節約生活です。

たとえばダイエット。

無理なダイエットをすると表情が暗くなり、

食べることを悪いことのように捉えてしまうかもしれません。

そうなると、どんどん痩せていくことはできますが、

どんどんいろんなものを失うことにもなるかもしれません。

それは友人との楽しい時間を過ごすことかもしれません。

好きな物を食べることを我慢して水しかのまないことかもしれません。

このように我慢が付いてまわると、

性格がどんどん悪い方向へと変わってしまうことになります。

それは節約にも同じことが言えそうです。

無理な節約をするとケチケチするようになり、

周囲の人からあまり良く思われなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

そうなると、どんどん節約することはできるかもしれませんが、

どんどんいろんなものを失うことになるかもしれません。

それは親しい人への贈り物をケチってしまうことかもしれません。

一緒に居て楽しい仲間との付き合いをしなくなることかもしれません。

このように我慢が付いてまわると、

性格がどんどん悪い方向へと変わってしまうことになります。

節約をすることは確かに大切です。

しかし、大切な人との付き合いを削ってまで節約することは、

一方で大切なものを失ってしまう危険もあるのです。

節約には、生活で必要なものを見極めて最低限で満足できるようになると良いですね。

親しいん人や自分磨きのためのお金の使い方は、

良い投資なので、そこは遠慮なくどんどん使っていくというメリハリが大切です。

お金は目的を達成するための手段です。

お金が目的になるような節約は体に毒となるようです。

なんのための節約なのか。

なにを目的とした節約なのか。

そこのところをしっかりと明確にして節約生活に臨むことが、

堂々と胸をはって節約できる自分になれると思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ