所得格差の原因は知識の差、アウトプットの重要性

スポンサーリンク

日本の資本主義社会では所得に格差がありますね。

それは知識の差とも言えそうです。

なぜならば、

知識を豊富に蓄積した人はアウトプットできるからです。

アウトプットできるということは、

人に自分の知識を伝えることができますし、

ネット上でブログから発信することも可能です。

なので勤勉な人は金運がアップしやすいようです。

たくさんの本を読んだり、ブログで情報を見たりすることで、

知識を蓄積することができます。

そのように得た知識が脳に蓄積されていくことにより、

分からないことが段々と理解できるようになり、

できないと諦めていたことが、

できて当たり前の状態へとなることができます。

得た知識を行動に移して知恵や技術に変えることにより、

世間一般の人より有利になるのは当然のことかもしれません。

スポンサーリンク

なので、

知識の格差は地位の格差になり、

地位の格差はお金の格差になるようです。

この資本主義社会の本質は、

知識の量がものを言うのかもしれません。

知識があればそれを教えることができるからです。

多くの成功者はこのように、

教わる立場から教える立場によって、

得られるお金の量も増えています。

所得格差とは教える立場と教わる立場の違いかもしれません。

知識とは情報です。

情報化社会とよく聞きますが、

まさしくその通りだと思います。

情報力が金運アップに繋がるようです。

そのためにはあなたの好きなことをとことんのめり込んでいくことが大切です。

好きなことでお金を稼ぐことができないのは、

ただ知らないだけです。

とにかく好きなことをとことん楽しみながら知識を得ることが大切だと思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ