節約のコツがあるのをご存知でしょうか?

節約をしなければいけないと思うことはありますね。

お金との問題はとても切実なので、

ここはなんとかしたいところですね。

節約をするために生活を見直すことが大切だと思います。

しかし、不要なところだけでなく、

いつの間にか必要なところまで削っていませんか?

いかがでしょうか。

節約のために食費を削ると体調が悪くなってしまうかもしれません。

節約のために一緒に居て楽しい人達との食事を断れば独りになってしまいます。

節約のために大切な人への贈り物をケチってしまうと心は納得できないかもしれません。

そうしたところは不要な部分ではなく、

必要な部分と言えます。

なのでここを削って節約をしようとするのは貧乏になってしまう可能性が出てきます。

貯蓄ができるようになるには、

必要なところにはしっかりお金を掛けることです。

そうなるには、

不要な物は何なのか?

必要な物は何なのか?

この二つをしっかり見極められるようにならなければいけません。

不要な物とはなくても生活に困らないものですね。

そして、

必要な物とはなくなると生活に困るものですね。

衣食住が必要な物となると思います。

しかし、生活に必要な物を無理やり思い込ませることは禁物です。

例えば欲しい服があるからと自分に言い訳をすることです。

よく考えてみるとなてくも生活に困ることはありません。

そんなときは今ある物で満足できるように考える習慣を持つことが大切です。

そうして正しい分別をしながら、

必要なところにはしっかりとお金を掛けれるようになりましょう。

そうすれば、家計が潤い貯蓄もどんどんできるようになります。

そうなるとどんな日常を送ることができるでしょうか?

ちょっと想像してみると楽しいかもしれません。

スポンサーリンク