人目が気になる?見栄をやめて本質的なお金の使い方

スポンサーリンク

あなたはなぜ人目が気になってしまうか分かりますか?

人目を気にしてしまう人の特徴は、

実は見栄を張ることにあるようです。

自分の弱さと言った本当の気持ちを認めることが難しいので、

強気な態度をとってみたり、普段より威勢を張ってみたりして、

自分を演じていることはありませんか?

「自分をもっと良くみられたい」

「自分をもっとカッコよくみせたい」

という思いから、自分に無理をしてしまっていることもあるかもしれません。

なぜなら、

自分の本心を見せることがカッコ悪いとどこかで感じいるからではないでしょうか。

いかがでしょう。

実際はカッコ悪いと思っているのは自分だけで、

案外他人はそこまで気にすることはない。

という事実が多いのではないでしょうか。

僕はある心理学セミナーに通っていたとき、

街に出て一緒に受講している人の動きをそっくり真似しながら後ろをあるくワークをしました。

最初はとても恥ずかしく、

「誰かみていないだろうか」

スポンサーリンク

と内心ビクビクしながらやっていました。

しかし、案外他人は自分のことを見ていないらしく、

そのことが理解できたお蔭で楽しい時間を過ごせた経験があります。

そうなんです。

案外人と言うのは自分が思っているほど気になどしていないようです。

つまり自分の内面で思っていることと、

外で起こっていることとでは、

少なからずギャップが存在するようです。

そのことが分かっていると、

今自分が内面で思っていることと、

他人が考えていることに、

どのくらいのギャップがあるのかを冷静に考えることができるようになります。

このことが分かると、

カッコよく見せるために無理して使っていたお金がバカらしく感じるかもしれません。

人目がきになるのは、見栄を張っているからかもしれません。

本質的なお金の使い方は、

自分が心から楽しかったことや嬉しかったことにお金を使うことです。

そこには、他人に良く見せようという気持ちはなく、

他人と分かち合うことで感じる喜びや暖かさかもしれません。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ