人生の上手な生き方はお金の使い方が上手

スポンサーリンク

あなたは日本人が生涯稼ぐ金額がどのくらいか分かりますか?

いかがでしょうか。

実は大体2億円と言われています。

しかし、そこは人によって多少の誤差があります。

人によっていは1億しか稼げない人もいるでしょうし、

3億稼ぐひともいると思います。

メジャーで活躍するメジャーリーガーは1年で数十億稼ぐ人もいますね。

そんな特別な人もいますが、

僕たちは一生を2億円分の交換をして生きていると言えます。

食べるもの、着るもの、住むところ、旅行や遊び。

普通に生活して普通に働いていれば、

一生を通して2億円を手に入れることになります。

その2億円をどう使うかは、あなた次第となります。

一生涯の視点で見たとき、

2億円のうち、

「食費はこのくらい使うのが良い」

「着るものにはこのくらい使うのが良い」

「住むところにはこのくらい使うのが良い」

と予め想定しておくことが、人生のバランスを保つ秘訣かもしれません。

スポンサーリンク

お金を上手に使う人は、このように考えているようです。

なので上手な生き方ができる人はお金の使い方が上手だと言えそうです。

世の中には同じサービスで金額に大きな違いがあることがあります。

たとえば、

新品のDVDを購入すると3800円掛かるところが、

中古DVDを購入すると1200円で手に入れることができます。

中にはほとんど新品と変わりのない物もあります。

中身は全く同じでも金額に大きく違いがあります。

このようなことが、洋服、CD、本、車、家、土地とあらゆる方面で同じことが当てはまります。

できる限り安い値段で、価値のあるサービスを手にすることが使い方が上手と言えそうです。

人生の上手な生き方をしているひとは、

お金の使い方が上手といえます。

安く仕入れて高く売る商売の基本にも通じます。

そのために必要になるのが知識です。

できる限り安い値段で、価値のあるサービスを手にするには、

目利きができるようになるための知識が必要なるのかもしれません。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ