人は価格、金額、値段の金額的価値の違いをあることで判断する

スポンサーリンク

なぜ価格、金額、値段を「高い!」とか「安い!」と思うのでしょうか?

価格とは、

「商品の販売価格」、「適正価格」

物の値打ちを金額でわらわしたものです。

金額とは、

「購入金額」、「金額目安」、「金額を計算する」

数字で表された金銭の量です。

値段とは、

「値段を付ける」、「お値段以上」、「お値段据え置き」

商品を売買するために付ける金額です。

価格、金額、値段に共通するものは価値を金額で表現することです。

そして金額で表現したものに対して、

「この値段は安いな」

「この金額はちょっと高いんじゃない?」

と思うようです。

どうやら市場が決める金額的価値と、

僕たち個人が決める金額的価値には違いがあるようです。

一体何が金額的価値を決めているのでしょうか。

それは、「感情」です。

スポンサーリンク

僕たち個人は、物に対して感情で金額を決めています。

どういうことかと言うと、

あなたの最も興味を感じないことはなんですか?

もしそれに、あなたが想像している以上の高額な金額で、

「払って下さい!」

と言われたらいかがでしょうか?

「そんなもの払えるわけがないだろ!」

と思いませんか?

もしあなたがとても興味のあることでどうしても欲しい物が場合、

これはいかがでしょうか。

「何とかして手に入れたい!」

と思いませんか?

多少、想像しているより金額が高かったとしても、

「どうしようかなぁ…」

と少し悩みませんか?

つまり市場に表示された金額より、

個人的に興味があるかないかの感情で物の価値を判断していると言えます。

ビジネスで成功する秘訣は、

この個人的な感情で価値を感じるもの、

つまり自分の興味関心のあることを素直に行うことが秘訣のように思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ