上手な貯金の仕方・コツの考え方

スポンサーリンク

あなたは何のために貯金をしたいと思っていますか?

老後のため?

もしものときのため?

安心感を得るため?

いろいろな理由があるとおもいます。

しかし現実はなかなか思ったように貯金を増やすことはできませんね。

そこで大切にしたい上手な貯金の仕方・コツの考え方があります。

それは、

1、何のために貯金をするのかの目的

2、いつまでにどのくらいの貯金をするのかの数値目標

まず何のために貯金をするのかの目的ですが、

冒頭での、

老後のため

もしものときのため

安心感を得るため

のような目的では曖昧過ぎて途中で目的意識を見失いやすいのかもしれません。

なのでもっと具体的に定める必要があるようです。

たとえば、

2000万の家を買うために頭金として300万貯金したい。

更に、貯金ができたときの自分を想像してみます。

スポンサーリンク

そのときどんな自分の姿がイメージできるか。

なぜイメージすることが必要なのかと言うと、

人はイメージできないことは実現できないからです。

塀をジャンプして飛び越えるにしても、

低ければ簡単ですね。

しかし自分の身長くらいまでになるといかがでしょうか。

飛び越えられませんね?

つまり飛び越えるイメージが出来ないからです。

もしハシゴを使えばいかがでしょうか。

ハシゴを使って登るイメージはできますね。

なので飛び越えることができるようになります。

さらに、数値的な目標を決めることで、

曖昧さを無くしていきます。

目的には曖昧さが妨げの要因となります。

逆に言えば曖昧さが目的力の弱さを教えてくれていることになります。

なのであなたの貯金する目的もより具体的にすることが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ