ギャンブルに対する考え方・心構え

スポンサーリンク

ギャンブルをする多くの人は負けているのではないでしょうか。

勝つときもあれば、負けるときもありますね。

トータルで見ると負けの方が多いことはありませんか?

パチプロと呼ばれるような、その道で生活できるほどの人は、

数えるほどしかいないのではないでしょうか。

基本的にギャンブルは興行が成り立つように、

店に利益を出すためお客には負けるようになっているようです。

ではなぜお金を払ってギャンブルをするのかと言うと、

ギャンブルで味わうことのできるハラハラドキドキした感覚です。

この感覚を味わうことが楽しさに繋がります。

そうではありませんか?

だからこそ、パチンコやスロットなど、

あんなに演出に凝っているのでないでしょうか。

お客を楽しませるための工夫がなされているのだと思います。

そこに、

「もしかしたら当たるかもしれない」

スポンサーリンク

「ひと儲けできるかもしれない」

「20万、30万勝った人のうわさを聞いたことがある」

このようなお金に関連する期待感も入り交じり、

のめり込んで中毒になってしまう人もいるようです。

パチプロと呼ばれる人は意外の一般の人のギャンブルでの楽しみ方は、

まず、

「ひと儲けしたい」

という気持ちを諦めて、

損をしても良い金額を予め決めておくのが良いのかもしれません。

株と同じで、損切りが出来なければ泥沼にハマってしまう危険があるのかもしれません。

ギャンブルは人の欲求に訴えている分、

たばこやお酒と同じように中毒になりやすいのかもしれません。

なので気持ちも緩みやすいと言えそうです。

なので予め損して良い金額を決めて、

その金額の範囲内で終了したらもうやらない。

そのくらいの決断力を持って楽しむことが大切なのかもしれません。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ