もし見栄を張るためのお金の使い方をしていると、

スポンサーリンク

あなたが物を買うときの基準は何ですか?

欲しい物があるときいろんな物に目移りしてしまうこともあると思います。

何を選んで良いか分からなくなるときがありますね。

考えれば考えるほどきりがない。

一体どういう基準で選んだら良いのでしょうか。

何かを手に入れるときの基準、

ここを自分の本音と違うところに定めていると、

後々後悔すことになったり、苦労することになるでしょう。

もし見栄を張るためのお金の使い方をしていると、

どうなるでしょうか。

「この道具を持っていれば、人から尊敬されるかもしれない」

「この車を乗れば、周りに自慢できそうだな」

「ブランドを身に着けて、他人との差をつけてやろう」

このような基準で物を持つと、

身の丈に合わないお金の使い方をして、

自分を苦しめることになりそうです。

どうしても人目を気にすることは、

人間の深層心理でもあります。

しかし、そうした人目を気にする心があることを理解した上で、

賢いお金の使い方ができる人がお金持ちになれます。

スポンサーリンク

ではどういうお金の使い方をすると良いのでしょう。

自分が満足感や幸福感を感じるお金の使い方を心掛けることです。

たとえば、

大きな車だと、ハンドルを握ってアクセルを踏んでいると広い空間を感じられて、

「やっぱり大きい車は良いなぁ」

と自分が満足感を感じられるようなお金の使い方。

自分が「良いなぁ」と体感できることを基準とします。

そうなると”大きい”が基準になるので、

見栄を張ってグレードの高い高額の車を選ぶ必要はないですね?

自分が「良いなぁ」と体感できることを基準に選ぶことによって、

選び方が変わってきます。

そうなると見栄を張ることが基準から外れるので、

あまり迷うことなくお金を使うこともできるかもしれません。

物を購入したときにあなたが幸せになれるかどうかです。

見栄を張るお金の使い方は、

預金口座から毎月高額のローンが引き落とされて苦しさを感じてしまいます。

見栄を張る気持ちは人の深層心理の一部です。

その深層心理と上手く付き合っていくことが大事です。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ