まとまったお金が入ると使いすぎてしまうときの考え方

スポンサーリンク

給料が入ってきたときついつい使いすぎてしまいませんか?

お金の動きは、人の心を表しているようです。

まとまったお金が入ると、ついつい気が緩んでしまい、

それまでお金がなくて我慢していたものを買い込んでしまったり、

「給料が入ったから良いか」

とちょっと贅沢をしてしまいがちです。

一方でお金がないときはなるべく使わないように、

久しぶりに飲み屋に行きたいけど我慢するなど、

お金の使い過ぎを意識的にセーブします。

このようにお金と人間心理は深い関係があるようです。

お金と上手く付き合っていくためには、

まとまったお金が入ってきたときほど、

お金を使わないようにるすことが大切です。

今まで節約を心掛けていたのに、

まとまったお金が入ると普段の節約を忘れて使いすぎていまいやすいです。

お金持ちは、そのこともしっかり理解して、

お金を使いすぎてします心の管理も行っているようです。

スポンサーリンク

ではどうすれば良いのでしょう。

頭を冷やす時間が必要かもしれません。

それは給料日にすぐお金を引き落とすのではなく、

しばらく先月で残っている生活日を財布の中身がなくなるまで使い切り、

給料には手を出さないようにしてみる。

欲しい物がある場合、すぐ買いたくなる気持ちを一週間おいてみる。

このように少し工夫をしてみます。

そうして時間をおくことで、

それが本当に必要な物かどうかを考えます。

こうして頭を冷やす時間をつくることで、

まとまったお金が入ってきたときに生じる、

気の緩みに対処することができます。

お金は人の心に強い影響力があるようです。

それは、病院でもらう精神安定剤以上の効果があります。

そのような即効性のあるお金と上手く付き合っていくことが、

心の豊かさ、

人生の生き方、

心の向き合い方、

それぞれに大きく影響が出てくると思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ