つい衝動買いしてしまうお金を無駄遣いしないある方法

スポンサーリンク

今の世の中は少しでも消費者にお金を使わせようとするシステムが良くできているのかもしれません。

たとえばコンビニ。

コンビニでは入ってほとんどのお客はレジの前を通らず、

雑誌コーナーへと歩いていきます。

そして窓際に雑誌を配置することで、外側からもアピールできますし、

立ち読みするお客さんがいることで、

このコンビニにはお客がよく入っているんだと思わせることができます。

このように店内のレイアウトも多く買ってもらうための配置がなされています。

コンビニという性質から、

「衝動買いをしやすい設計」

をうまく取り入れているのです。

僕たち消費者はこの販売心理に乗せられていると言っても良いのかもしれません。

その結果として、

100円200円の物の安さから、

「ま、良いか」

と思い、いつの間にかお金が消えてしまいます。

これが衝動買いをしてしまう理由です。

スポンサーリンク

しかし、考えるべきことは何もお金だけではありません。

お金とともに大切なのは時間です。

お金の浪費は避けたいと思いますね?

時間の浪費はいかがでしょうか?

案外、お金より意識が薄いのかもしれませんね。

たとえばテレビ。

テレビを付けると番組を観ることができます。

好きな番組を観て時間を過ごす方は多いのではないでしょうか。

お金持ちはこのように考えるようです。

「この好きな番組を観る時間は浪費だろうか、投資だろうか」

投資になるような時間の使い方をしなければ、

もちろんお金が増えることはありません。

こうしてお金と時間の二重消費となってしまいます。

生活習慣を変える本質とは、

このように浪費に使っているお金と時間を、

投資に使うよう体を鍛えるように毎日少しずつ変えていくことです。

まずはテレビのコンセントを抜いてみるといかがでしょうか?

それだけでも生活が変わってゆくかもしれません。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ