お金を使うことで人間関係を良くしていく方法

スポンサーリンク

あなたは人間関係で使うお金は損かもしれないと思ってませんか?

実は人間関係で使うお金は相手だけのことではありません。

むしろ自分に対して強い効果を発揮するようなのです。

ここを活用してお金の増える体質に変えるこもできるようです。

それは、

親しい人への贈り物に少し痛いと感じる金額で購入する方法です。

なぜ痛いと感じる金額かと言うと、

人の潜在意識と呼ばれる脳内の無意識の領域では、

プレゼント、欲しい物を買う、公共料金の支払いなど、

目の前の出来事に関係なく、

財布から5000円を出すという仕草に、

痛みを感じる指令を出します。

つまり潜在意識では出来事の判断はできないようです。

それよりもレジで5000円を出すという仕草に、

スポンサーリンク

痛みを感じてしまうようです。

その証拠に、

クレジットカードで購入した場合と比べるといかがでしょうか。

クレジットカードなら現金で実際に支払うことと違い、

痛みをあまり感じなくなりませんか?

クレジットカードは後払い制や分割払いの機能も手伝い、

目の前で現金が失われる感覚がないので、

ついつい高額の商品にも安易に手を出しやすいのです。

このことから、

5000円出すことに慣れる習慣をつくります。

お金を使うことに良い感情を感じられるようになれば、

お金が増える体質になれます。

その良い感情でお金を使えるようにするために、

自分の親しい人へ贈り物をします。

このようなお金の使い方を今後も意識されてみてはいかがでしょうか。

あなたの気持ちの良いお金の使い方は何ですか?

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ